読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

週刊少年サンデー No.45 乃木坂46 2014年

f:id:risacchi:20141010001825j:plain

表紙&巻頭グラビア 乃木坂46

今週の週刊少年サンデーの表紙は乃木坂46から白石麻衣さん、西野七瀬さん、橋本奈々未さん、松村沙友理さんの4名。

もしも4人が僕の家に遊びに来たら・・・的な設定で、それぞれが自由に色んなことをしちゃうという構成。
最強の4人が揃ったって事で、かなり見栄えがするグラビアだと思ったんですが・・・

・・・このタイミングで松村沙友理さんの記事はマイナスだよなぁ。

ここでちょっと48グループでは形骸化しつつある「恋愛禁止」について私見を書いてみようと思うんですが、個人的には「恋愛禁止」っていうルール自体が不自然だと思っていて、人間生きてりゃ誰でも恋するって・・・って思いもあるし、表現者として恋する女性を演じる(歌う)のであれば、やっぱり恋する気持ちを知らないと届かないっていう思いもあるんですよね。
変に抑制するからこそ、逆に燃え上がるってのもあるかもしれないし。

とはいえ、全員が彼氏持ちのアイドルグループを誰が応援する?ってのもあると思うので、そこはやっぱりアイドルとしてファンに夢を与える・・・という観点から言えば、ある程度は自制すべき。

矛盾しているようですが、要は「恋愛禁止」とかってのは裏でやってればいいだけの話で、「これがうちのルールです」っておおっぴらにする必要がないんじゃないかって思うだけで・・・
(最近では疑わしきは罰せずなのかはわからないけど、見た感じお咎めなしみたいな裁定が続いていて、過去にそれが原因で活動辞退となったメンバーと何が違うの?っていう疑問も・・・というのはまた別の話になってしまいますが。)

じゃあ、仮に推しの交際が発覚したとして、自分がどう思うかと言えば、そりゃショックはショックですが、しょうがないと自分に言い聞かせるしかない。その上で気持ちの折り合いがついたら引き続き応援するかもしれない。

ただ、交際相手がしょーもなかったりすると一気に醒めます!!
「うわ、こいつセンスねーなー!」って思っちゃう。
そうなったら別に嫌いになったりはしないけど、すっとファンという立場からは離れていきます。

 

ここで今回の報道に照らし合わせていくと・・・私的には最悪なパターンかと。
あえて彼女を擁護する見方をするなら、ここ最近の乃木坂の動きの中で思うところ、納得いかないところ・・・多分色々と葛藤があったんじゃないかと思うんですよね。その心の隙をつかれた・・・

ただ、それが軽率すぎた・・・
しかも、相手が悪かった・・・

それに尽きると思います。

ま、この件があったからといって、乃木坂46を応援するというスタンスに変わりはありませんが、今、彼女を好意的に見る事は恐らくできないと思います。
今回の件を経て、彼女がどう変わっていくのか、そして乃木坂46がどう変わっていくのか・・・これからもしっかりと見ていきたいと思います。

Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.