読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

【DVDレビュー】℃-ute コンサートツアー2014春~℃-uteの本音~

DVDレビュー ℃-ute 矢島舞美 中島早貴 鈴木愛理 岡井千聖

℃-ute コンサートツアー2014春~℃-uteの本音~ [Blu-ray]

本作は、℃-uteの2014年春ツアー「℃-uteの本音」の千秋楽として、2014年6月29日(日)にパシフィコ横浜・国立大ホールで行われたコンサートを収録したもの。

コンサートの一部始終から、アンコールの模様。そして、そのままコンサート前のメンバーのコメント、舞台裏、コンサート後のメンバーのコメントと共にエンドロールという構成で、コンサートからバックヤード映像まで流れるように進むので、特典映像として別にトラックを切る、ありがちな構成よりこっちのほうが好きかも。

今回の「℃-uteの本音」コンサートに関しては、ポールダンスや椅子を使ったこれまでの℃-uteにはなかったセクシーな演出が加わった事で、色々と物議を醸しだしたツアーだった事もあり、最後のMCの時の舞ちゃん(萩原舞)の涙に全てが集約されている気がしました。

なっきぃ中島早貴)や舞美ちゃん矢島舞美)が涙もろいのに対して、一番年下の舞ちゃんってMCで涙を見せるとかほぼないんだけど、今回のツアーではなっきぃと共にポールダンスに挑戦し、色んな声に晒される中で、℃-uteとして「じゃあ逆にこれを極めて見返してやろうじゃないか」っていう境地に達し、ポールダンスをやれてよかったって思えるまで頑張ったからこその涙だと思うし、色んな声を乗り越えただけあってすごくいいコンサートだと思いました。
(普段涙を見せないコが見せる涙には、やっぱりそれだけの意味があると思いますもん。)

ここで、コンサート冒頭から印象に残ったシーンを紹介していこうと思いますが・・・
まず「アダムとイブのジレンマ」は2013年の日本武道館コンサートの時よりもさらに歌が磨かれた感じで、単純にいいなって思いました。ちなみに今回のコンサートではこの曲の途中でメンバー紹介がインサートされます。

全体的に愛理(鈴木愛理)の表情や表現力がさらに高まってるなぁって思ったんですが、中でもソロで歌った「桃色スパーリング」は圧巻。
前奏終わりで4人がはけたんで、ここで衣装替えかなぁって思ったらその次の「The Party!」で同じ衣装の4人が出てきて、どういう構成?って思ったんですが・・・
それはさておき、元々℃-uteというかハロプロ!全体の中でもトップクラスの歌唱力を持ってる愛理ではありますが、曲中の表情や客席への目線の送り方、踊りながらなのに全くぶれない安定した声量と、ますますパフォーマンスに磨きがかかった感じがします。

会いたい 会いたい 会いたいな」では椅子を使ったパフォーマンスを披露するわけですが、ピンクのネグリジェみたいな衣装で、椅子に座って開脚したり、椅子に手をついて足を小刻みに動かしたり・・・確かに振付はめちゃくちゃセクシーだし、インパクト強烈だけど、メンバーの平均年齢が20歳って考えたら、こういうセクシーな℃-uteもあるんだよって見せること自体は全然悪い事ではないと思いました。
(ま、キッズ時代の彼女達を知ってたらショックかもしれないけど、ファン歴約1年の私的には全然アリだと思います。)

「Crazy 完全な大人」ではいよいよポールダンス披露となるわけですが、舞美ちゃん、愛理、ちっさー岡井千聖)の衣装がエナメルのボンデージっぽい衣装でこれまたセクシー。特に帽子が監獄の看守長みたいな感じで個人的にすごく好き(笑)
ポールをよじ登って、ポールに体を引っかけるような感じで技を決めるなっきぃと舞ちゃん。特になっきぃの太ももでポールを挟み込むようにして体を支え、ポールから手を放して体をのけ反らすというすんごい技も披露していて、見てびっくり!!
よくよく考えたら「Crazy 完全な大人」のMVって、途中で蛍光灯をポールに見立てたようなシーンがあるんだけど、その辺からの繋がりでこの曲でポールダンスって考えたのであれば、壮大な伏線だったんだなぁって思うんですけどね(笑)

後半戦は大雑把に言うとカーキ系の衣装に身を包み、「僕らの輝き」とか℃-uteのコンサートの終盤に歌われる、元気で勢いのある楽曲が並んで本編終了。

アンコールでは新曲「The Power」の衣装で登場して、冒頭に書いたMCに繋がるわけですが・・・

椅子を使ったパフォーマンスやポールダンスというのは、あくまでもコンサートの中では1曲ずつしか出てこないし、全体を通して見たら、中盤がセクシーな演出だったってだけで、それ以外は随所に℃-uteらしさが見られたし、それこそ何度も何度も繰り返して見てる2013年の日本武道館コンサートの映像と比べても、個々にスキルアップを感じさせるシーンも多く、何をそこまで批判する事があるんだろうって逆に思ってしまったぐらい。

勿論、世間の色んな声にもめげず、℃-uteのメンバーそれぞれがここまでのものに昇華させた集大成が今回のコンサート映像・・・というのもまた事実だと思うので、過程を知らない私がとやかく言う事ではないのかもしれないけれど、「℃-uteの本音」千秋楽を見た率直な感想としては、かわいらしさ、セクシーさ、元気良さなど、色んな℃-uteを見る事が出来たし、全体的なパフォーマンスの水準も非常に高く、かなり見応えがあるコンサートだなぁと思いました。

普段、アイドルのコンサートに行く事とかほとんどないのですが、team℃-uteの端くれとして、一度は℃-uteのコンサートに足を運んでみたいなぁって思いました。
(もし行くとしたら来年の6月11日の横浜アリーナか、やっぱり9月10日・・・ですかね?)

Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.