読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

佐々木莉佳子よ、ハロプロ!を照らす太陽たれ!!「佐々木莉佳子写真集 RIKAKO」の感想

佐々木莉佳子 ファースト写真集 『 RIKAKO 』

なんだかドラクエの「光あれ!」みたいな仰々しい記事タイトルをつけましたが、以前このブログでも書いた通り、佐々木莉佳子さんの初写真集にはどうやら水着カットが掲載されるらしい・・・ってわかったので、即予約した次第(笑) 

中身をひととおりチェックした結果「このコには無限の可能性がある」・・・そう思わされる作品でした。

作品紹介

アンジュルムの佐々木莉佳子さんの初写真集。

アイドル・・・その中でもハロプロ!に興味がないって方にはまだまだ馴染みのない名前かもしれませんが・・・どんなコかっていう部分は以前も書いた気がするので、よかったら参考に読んでいただきたいと思うのですが・・・ 

ものすごーく簡単に言うと、ここ最近伸び悩みを見せていたスマイレージというアイドルグループがほぼ同時期に新メンバー加入と改名をしたわけですが、このコの加入によってひょっとしたらアンジュルムを・・・いや、もしかしたらハロプロ!全体を飛躍させるかもしれない・・・
そんな無限の可能性を秘めたコ。
(華があるというか、体全体で躍動するパフォーマンスなど、気付いたら目で追ってる感じなんですよね。)

本作はそんな佐々木莉佳子さんの初写真集であり、沖縄で撮影された一冊なんですが、ハロプロ研修生から正規メンバーになってまだ半年ぐらい・・・って考えたら、今の時期から写真集発売ってなかなかない事だし、事務所サイドもエース候補として余程の期待を寄せていることが窺えます。

帯には「未完の大器」という言葉。
アンジュルムとしての最初の曲が「大器晩成」だった事を考えると、彼女の可能性だけでなく、そういうところにもひっかけて選んだ四字熟語なのかなぁって感じがします。

では、早速中身についても触れていきたいと思います。

佐々木莉佳子写真集「RIKAKO」の感想

まず、今回の記事にAmazon限定バージョンではなく一般販売バージョンの表紙を持ってきたんですが、なんでかといえば実際に私が買ったのが・・・というか、選んだのがこちらのバージョンだったから。
(個人的に、今の佐々木莉佳子さんの年齢とかから考えたら、あどけなさをのこしたこちらのバージョンの方がかわいらしいと判断したからなんですけどね。)

ビジュアル的には前田敦子さんが一番近いんだと思うけど、目をくりっとさせると広瀬すずさんみたいな雰囲気も少しあるし、思いっきりの良さはそれこそ大島優子さんぐらいあるかも・・・
でも、もう少し薄い顔だと将来的には(競馬の調教予想アイドル)天童なこさんみたいな系統になるのかも・・・って感じ。

ページをめくる度にぽんぽん変わる表情を見てると、色んな人の顔が浮かんでくるし、かっこつけてこういう表情を見せよう・・・みたいな意図がなく、思いっきり楽しんでる感じがすっごくいい。

佐々木莉佳子さんを見てるだけでこっちまで元気が出るって感じかな。

ブランコとか森の中を歩く感じから始まり、ビーチでの黄色い水着。そして白いワンピース姿。
サーモンピンクのシャツに短パン姿、肩紐なしの水着(多分)にサロペットでツインテールで乗馬、水色のYシャツで朝食、ピンクの水着、ワンピース、紺の部屋着、青のタンクトップとスカート、赤系のストライプの水着、夏服・・・といった構成になっています。

ざっくりですが、全ページの半分ぐらいは水着のカットがあって、「あれ?意外と水着多くない?」っていう、いい意味の裏切り(笑)
(個人的には本作には水着カットは一切入っていないと予想していたので・・・)

つっても年齢を考えたら全然未成熟。
胸もなければくびれもない。まだまだ幼児体型だなぁって思うし、正直エロの要素は全くの皆無(笑)

ドキッとするよりは「水着姿もかわいらしいなぁ」って感じ。
佐々木莉佳子さんから発せられる圧倒的な陽のオーラがあるから、いやらしい感じは全くなく、水着さえも衣装のひとつとして堂々と着こなしてる感じ。所謂「初めての水着で緊張しました」みたいな感じはゼロ。後ろ暗さを感じる事なく安心して見る事が出来ます。
(私個人ロリコンではないので、かつてのTバック中学生とかもだけど、変にそういうのを強調した後ろ暗いものを出されると嫌悪感が出ちゃうんで・・・)

明るく健康的・・・今の佐々木莉佳子さんを一言で言えばそうなるのかもしれませんが、その輝きは生まれたての太陽のよう。
これから成長して体つきも顔も大人っぽく変わっていったら一体どこまで魅力的になっていくのか想像もできません。

そんな佐々木莉佳子さんの記念すべきはじめの一歩、「伝説はここから始まる」って考えたら見逃せない一冊だと思います。 

最後に、一応Amazon限定バージョンの表紙も載せておきたいと思います。

【Amazon.co.jp限定】 佐々木莉佳子 ファースト写真集 『 RIKAKO 』 Amazon限定アザーカバーVer.

Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.