読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

いいんだけど、欲を言えばもうワンパンチ欲しかったような・・・「菜乃花 ファースト写真集 『nanoka』」の感想

菜乃花 ファースト写真集 『 nanoka 』

菜乃花さんのファースト写真集「nanoka」の感想なんですが・・・

結論から言うと、もうワンパンチあれば文句なく良作の部類に入ってくる・・・佳作という印象。いつもの通り本作の構成から私が思う良かった点、そしてワンパンチ足りないと感じた点を掘り下げてレビューしていきたいと思います。

と、その前にまずは公式な作品紹介から・・・

内容紹介
「日テレジェニック2015」に選出、今ノリにノッているグラドル・菜乃花ちゃんが待望のファースト写真集を発売!
DVDでは大人気の彼女が「夢だった」という写真集発売にあたって、限界突破の衝撃露出にチャレンジしてくれました。
Iカップバストがもう少しで全露出しちゃうぐらいの頑張りには、ファンのみならずグラビアファンも喝采の嵐の筈。
約30分のメイキングDVDでは、普段のDVDでは見られない、彼女の素顔が満載です。
(メイキングDVD付き)

菜乃花 ファースト写真集 『 nanoka 』

では、早速表紙から見ていく事にしましょう。

ファースト写真集から限界露出です!!

本作の表紙はIカップを包むような腕ブラ。
どうも最近の写真集って表紙にインパクトを持ってくる為に手ブラ系のカットをどんと持ってくる事が多いように思うのですが・・・菜乃花さんの写真集もそれに倣ったもので、表紙にでまずガツンとやってくれています!!
(欲を言うならここはおへそまで残すべきところだったと思うのですが・・・)

そして裏表紙は序盤で出てくるタンクトップに短パンで思いっきり前傾姿勢のカット。「ナチュラルぶりっこ」っていうのが菜乃花さんのキャラみたいだし、グラビアで見た印象もかわいらしいコって印象だったから、こっちが表紙でも良かったんじゃないかなぁって気もするんですけどね。

 

まずは遠景ですが、タンクトップの裾が下乳のラインあたりまでの「タンクトップ・ブラ」にジーンズの短パン。
遠くからってのが勿体ないぐらいのスタイル。
できればこのポージングをもっと近くでどんと見せてほしかった気がするんですが、その後は裏表紙のカットも含めて立ちポーズ中心。下から煽るようなアングルで下乳っていう迫力あるカットも!!

続いて、白のワンピース姿から一気に白の下着。そして一気にノーブラっていう展開。膝立ちで下乳あたりのカットなんかがかなり良質なだけに、ここのパートをもうちょっと増量しても良かったんじゃないかと思ったんですが・・・

続いてリーゼントヘアにサスペンダーをブラに見立てた衣装。
かっこよくて、そしてエロい!!
(ただ・・・こういう変化球ってもうちょっと後半でも良かったんじゃないかって気もするんですよね・・・)

そして赤紫の水着。
前かがみのポージングとかいいカットあるんですが・・・ここもできれば増量してほしかったパートです。

下着姿で泡立て器・・・
なんかイメージDVD的な続きを想像させるシチュエーションですが、下着をぐいっとたくしあげてのホイップブラ!!
胸についたクリームを舐める・・・かなり挑戦的なパートとなっています。

素肌にグレーのパーカー姿。
サイドをスパッと切っているので、服の意味を成していないのですが、それによって思いっきり横乳を堪能できるカットです。

続いてバスルーム!!
濡れて身体にぴたっと貼りついた布越しの肢体・・・
水に濡れた美体、胸のボリュームがすごい事になっています。

そしてビスチェ系のかわいらしい衣装から、スリップ越しの下着姿ときて、いよいよ表紙のシチュエーション、シーツで局部を隠しただけの大胆露出です。
ここは手ブラなんかもあってかなり気合の入ったパートになっています。

最後は白ビキニ、手ブラ、赤のワンピースといった感じでフィニッシュ!!

途中かなりエロいパートもあり、写真の出来はかなりいい!!
菜乃花さん・・・頑張ったんだなぁっていうのが写真からも伝わってきます。

 

そう、菜乃花さんは頑張ってると思う。その上でワンパンチって思ってしまった要因を書いていきたいと思います。

写真集ならではの見せ方について

これがグラビアだったら、本作の印象的なカットを何点かつまんで出せば、きっと最良の先行グラビアとなった事でしょう・・・

でもこれは写真集・・・

菜乃花さんのファンが買うってのは当然でしょうが、そんなに知らない人も表紙買いする可能性だってある。
だから個人的には写真集の序盤って菜乃花さんってこういうコなんだよっていう導入部分がいると思うんですよね。特にファースト写真集ならなおさら!!

リーゼントの個所が早いって思ったのも、最初はオーソドックスに水着とかでもっと基本的な表情や肉体美といった、根幹を成す部分を見たかったってのもあるし、最初に見る人に対してもしっかり土台を作ってから・・・崩しって流れの方が同じパンチでも入り方が違うと思うんですよね・・・

だから、最初にワンパンチって書いたんだけど、写真のインパクト云々というよりは・・・写真集の構成というか見せ方がイマイチだったなぁって感じで、そのワンパンチをいかに効果的に当てるかっていう戦略が足りなかったと思うんです。

てか、むしろいいパンチを打っているだけに、そこへ至るまでのジャブが足りなかったから、本来KOパンチになりうるものが大振りなパンチになっちゃった感じ。

ここのパートはもうちょっと増量しても良かったんじゃないかって感じたポイントなんかも含めて、写真の並び順やバランスが良ければもっといい作品に仕上げっていたのではないかと思えただけに残念。

 

あと、私と似たコンセプトでブログをされている方の持論で、「目線が大事」ってのがあるんですが、本作に関してはこっちに目線がきているカットをもっと効果的に使ってほしかったてのもあります。

いいんだけど流し目とか伏し目とか・・・
そういうのも大事なんだけど、いいところでバシッと目線くれた方がコンサートとかれも嬉しいじゃない(笑)
それと一緒で、いいところでいい感じに目線くれた方が、もう一段階インパクトが上がると思うんですよね・・・

 

そういった観点から、菜乃花さんの露出に対する頑張りとか、被写体のビジュアル的な魅力は十分良作のレベルに達していたと思うんだけど・・・写真集の構成的な面での戦略不足により完成度は佳作っていう感想となりました。

なんかすごく惜しい!! 

菜乃花 ファースト写真集 『 nanoka 』

菜乃花 ファースト写真集 『 nanoka 』

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.