読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

「ハルジオンが咲く頃」のMVを見た、そして涙した。

新作情報 乃木坂46

ハルジオンが咲く頃(Type-A)(DVD付)

3月23日に発売される乃木坂46の14枚目シングル「ハルジオンが咲く頃」のMVが3月1日から3月22日までの間、乃木坂 46 OFFICIAL YouTube CHANNELで期間限定公開されている事を知り、遅まきながら見てみました。

 

・・・そして涙が出ました。

 

この曲のセンターを務めるのはまいまいこと深川麻衣さん。
現メンバーの中では最年長で、メンバーから「聖母」と言われる人であり・・・そして、今回のシングル曲をもって乃木坂46を卒業するという事で、推しがセンターを務めるという喜びと、推しが次の一歩を踏み出す寂しさと、色々な事を考えさせられる曲でもあります。

ハルジオンという花

f:id:risacchi:20160305083153j:plain

この曲のタイトルとなっている「ハルジオン」という花。
キク科の植物で、道端などでよくみかける・・・いわゆる野草。

なんとなく目にする事はあっても、その花の名前が「ハルジオン」っていうのは全く知らない。だけど、春を彩る野草として目立たずそっと咲いている・・・そんな可憐な花を深川麻衣さんに見立てて秋元康氏はこの歌詞を書いたんでしょうね。
(ちなみに春に咲く紫苑の花という意味で、「春紫苑」と書くそうです。) 

ハルジオンの花言葉は「追想の愛」「さりげない愛」・・・
なんだか深川麻衣さんの乃木坂46での立ち位置というか、がつがつするわけではなく、影となり日向となってそっと支えてきた・・・それを「ハルジオン」に例えるあたりがすごく素敵だなぁって思います。

世の中に派手で有名できれいな花はいっぱいあるけれど、あえてハルジオンに例えた事に意味があると思うし、そう例えてくれた事をすごく嬉しく思います。

「ハルジオンが咲く頃」MVを見て

www.youtube.com

これは考えすぎかもしれませんが、歌い出しの「ハルジ~オンが~」っていうメロディーラインを聴いて真っ先に頭に浮かんだのが「狼に口笛を」のサビの「狼に~」って部分。

「狼に口笛を」は、シングル曲の「おいでシャンプー」のカップリング曲で、当時まだアンダーガールズだった深川麻衣さんがフロントメンバー*1を務めた楽曲だったので・・・それに対するオマージュというか、作曲家の遊び心というか、粋な演出?なんて勝手に思ってしまいました。

www.youtube.com

 

そしてメンバーの涙のリップシーン・・・

もうこれを見るだけで涙腺が緩んできます。

 

その後の基本設定というか、大正浪漫チックな袴姿。レズっぽい設定・・・この辺の流れはよくわかんないのでまあいいとして・・・

 

MVのラストシーン・・・

深川麻衣さんが乃木坂を下りながら噛みしめるように言う言葉。

 

「努力、感謝、笑顔、私達は乃木坂上り坂」

 

そして振り向いたまいまい・・・

f:id:risacchi:20160305091330j:plain

すでにまいまいの後姿と言葉で涙腺が緩んでるんですが、最後に振り向いて言った時だけ「私達は」ではなく「うちらは」って言っていて、それがまいまいの自然な言葉というか、気持ちなんだろうなぁっていうのがズドンと心に刺さって、涙がぽろり・・・

最後の言葉は涙なくしては見られない・・・そんな感じでした。

 

なんかいかにも乃木坂46らしい曲調だなぁとも思いましたが、ハルジオンをはじめ深川麻衣さんの事を当て書きしたかのような歌詞、そしてまいまいの魅力が詰まったMVと・・・最初で最後のセンター曲に相応しい素敵な楽曲になったなぁって思いました。

深川麻衣さんを見つける事ができて、そして応援する事が出来て本当に良かった。
そんな事を思わせてくれるMVでした。 

ハルジオンが咲く頃(Type-A)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-A)(DVD付)

 
ハルジオンが咲く頃(Type-B)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-B)(DVD付)

 
ハルジオンが咲く頃(Type-C)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-C)(DVD付)

 
ハルジオンが咲く頃(Type-D)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-D)(DVD付)

 

*1:Wikipediaによるとこの曲のセンターは伊藤万理華さん。

Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.