読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

シンプルに最高だと思う!「ヤングガンガン No.9 鈴木愛理 ℃-ute」の感想

ヤングガンガン 2016年 5/6 号 [雑誌]

4月15日に発売されたヤングガンガンの表紙は℃-uteの鈴木愛理さん。

「表情のアップ」というただただシンプルな構図なんですが、それだけでも十分かわいいし、じっと見つめる瞳がたまらんです!!

私の勝手な妄想で、愛理のピークは高校時代だと思っていたんですが・・・というか、20歳になったばかりの時に茶髪にしていたあの頃があまり好きではなかったので、「Ray」の専属モデルになって黒髪に戻って、ピークと思っていた頃以上に魅力的に昇華した愛理はやっぱ最高だなって思います。

シンプルに最高だと思うグラビアを見ていきたいと思います。

 

表紙&巻頭グラビア 鈴木愛理(℃-ute)

グラビアは肩出しの衣装でこちらを見つめる感じから・・・
青系の衣装での体操座りはなんとなくモデルさんっぽい感じもするけど、立ちポーズでにっこり笑う愛理なんかはまさしくアイドルって感じ。

・・と思ったら見開きの白い衣装なんかは年相応な大人っぽさ。この辺の表現力がさすがだなって思います。

山吹色?のワンピースでの寝姿と座りポーズ。膝下のラインのきれいさと、こちらを見つめるまっすぐな視線がいいですね。

最後は再び表情のアップですが、まっすぐに視線をくれていた表紙とは違って、目線を反らした感じ。この辺は表紙と見比べてみても面白いかも・・・

 

まあ鈴木愛理さんの場合、昔はやじすず(矢島舞美&鈴木愛理)で引っ張ってきた面があってエースとしての重責を一人で担っていた部分もあったけど、他のメンバーの著しい成長により、歌では岡井千聖さん、ダンスでは中島早貴さん、最年少でもしっかり者の萩原舞さんといった感じで一人で背負わなくなってよくなった分、すごく自由になったというか、いい感じに力が抜けた感じだするんですよね。

だからこそ以前よりもさらによくなった感じがするし、ステージパフォーマンスやビジュアルレベルが高ければ高いほど、裏でふがふがやってる感じとのギャップでさらにいい感じに!!

そんな鈴木愛理さんのかわいさ、きれいさがシンプルに伝わるグラビアでした。

 

巻末グラビア ジュニアモデル3人組

巻末グラビアはジュニアモデル3人組と題して、松本ももな・菱谷りり・鵜川もえかの3人が登場です。

学校を舞台に制服姿ではしゃぐ感じがメインで、白のパーカーとスカート姿、最後はジャージって感じ。

ジュニアモデルってだけあってまだまだフレッシュというか、これからいくらでも伸びシロはあると思うので、今後どうなるかはわからないけど・・・今回見た感じでは鵜川もえかさんがかわいいって思いました。 

ヤングガンガン 2016年 5/6 号 [雑誌]

ヤングガンガン 2016年 5/6 号 [雑誌]

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.