読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

みーおんにロックオンされました!!「月刊ヤングマガジン 2016年6月号 向井地美音(AKB48)」の感想

月刊ヤングマガジン 2016年 6/5 号 [雑誌]: ヤングマガジン 増刊

5月20日に発売された月刊ヤングマガジン6月号の表紙はAKB48の向井地美音さん。

先日紹介した週刊ヤングマガジンNo.24の巻末グラビアを予告編とするなら、今回はいよいよ本編といったところ!!

ちなみに前回のレビューはコチラ・・・ 

この時点ですでに絶賛していたぐらいなので、これなら月刊の方も間違いないだろうと確信し、即購入!!

果たして結果は・・・?!

 

表紙&巻頭グラビア 向井地美音(AKB48)

結論から言うと・・・

まさしく「期待通り」でした。
いや、「期待以上」だったと言っても過言ではないかな!!

「百聞は一見に如かず」の言葉通り、表紙の画像・・・向井地美音さんのこの表情見たら一目瞭然。惜しむらくは顔にフォーカスを絞っているので、せっかくのボディーがややぼやけている点。
(それでも胸の谷間とかわかるんで、そこまで気にならないかもしれませんが・・・)

 

それでは早速中身に行きたいと思いますが、まずはタオルで前髪をアップにしたみーおんの表情から。衣装はタンクトップでこちらも胸元が見えますが、こちらも顔にフォーカスした感じ。

ただ、前髪を上げておでこを出してもみーおんがカワイイって事は十分わかるし、前髪に頼らなくてもきっちり魅せられるあたりは、被写体として一段階レベルアップした証と思っていて、さすがはAKB48の最新シングルでセンターはるだけの事はあるなぁといったところ!!

続いて、ベッドでの寝姿3点と、ピンク地にキスマーク柄の水着での脇上げポーズ。
この辺のカットは当然全身にピントを合わせているので、みーおんの小柄だけどグラマラスなボディーをしっかり堪能する事ができます。

「このカットに魅了されたらみーおんにロックオンされてますよ!!」的な事が書いてありますが、私なんかとっくのとうにロックオンされとりますよ(笑)

続いて見開き・・・
みーおんの寝姿のバストアップに、下段はみーおんの唇に注目とばかりに6点。

普段、みーおんの事を「小柄なのにグラマラス」とか色々言ってますが・・・結局のところ胸に目がいってしまうので、こうして唇をターゲットにしたのはなんか斬新!!
(ぽってり厚めの唇に注目だったら割と普通だけど、みーおんってそうでもないので、それをあえて・・・っていうのも違う意味で斬新だったりするんだけど。。)

最後は淡い黄色の水着でのバストアップと寝姿。
みーおんみたいに小柄だと、体をちいさく丸めた感じの寝姿がよりかわいらしく見えるので、それもいいなって思いました。

 

というわけで、向井地美音さんのグラビアの感想を書いてきましたが、前回のグラビアも含めて一貫していいなと思えるのは「グラビアアイドル的なアプローチ」である点。

要は、被写体の魅力をいかにして引き出すかという観点から、下手なギミックに走っていない点がよくて、例えばおでこ出しのカットなんかも前髪命のアイドルなら絶対にやらないだろうし、他のカットでも前髪はそこまでがっちり固めてなく自然。

いつになく表情も自然だし、健康的な肉体美も伝わりやすいってなもんで、今回のグラビアは過去最高級に良かったんじゃないかって気がしています。

今回のアプローチとクオリティーなら、「向井地美音さんの初写真集は講談社さんで是非」って思えるぐらいの見事な出来でした!!
これに関しては冗談抜きで是非実現してほしいなって思います。

 

巻末グラビア 池上紗理依

巻末グラビアはファッション誌「LARME」のモデルでもある池上紗理依さん。

表紙こそとれていないけど、巻末グラビアに初登場からあっという間の再登場を果たし、今度は月刊の巻末グラビアにも登場となりました!!

ちなみに前回の週刊の方の感想はコチラです・・・ 

というわけで、今回のグラビアは前回分のアザーカットだったんですが、前回ラストで登場した下着的な衣装での立ち姿から。

青の水着の脇上げやら、白の水着のバックショットやら、下着のバストアップの寝姿やら・・・小さいカットもすごくいい感じです。

白の水着で椅子に座った感じもいい感じだし、最後は肩ひもなしの水着・・・という構成。

 

ページ数は少なかったけど、池上紗理依さんのきれいさが伝わるグラビアでした。
どちらかというと優木まおみさん的なきれいなお姉さんって感じの雰囲気があってすごくきれい。スレンダー系のきれいなボディーラインに、上品な雰囲気があって、ページ数は少ないけど魅力が伝わるグラビアといったところ。

ここまできたら・・・次は週刊ヤングマガジンでの単独表紙しかないっしょって思うんですが、どうなんでしょう?!

期待して待ってます!! 

月刊ヤングマガジン 2016年 6/5 号 [雑誌]: ヤングマガジン 増刊
 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.