読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

旅立ちの前に新たな魅力を知るとか・・・「深川麻衣ファースト写真集 ずっと、そばにいたい」の感想

深川麻衣ファースト写真集 ずっと、そばにいたい

6月9日に発売された深川麻衣さんのファースト写真集「ずっと、そばにいたい」の感想なんですが・・・

乃木坂46の1期生で、現在在籍しているメンバーでは最年長。
「まいまい」というニックネーム、「聖母」というキャラ。
当初アンダーメンバーから始まり、3枚目シングルから選抜入り、そして選抜の常連となり、福神となり、そしてまいまいにとってはラストのシングル曲「ハルジオンが咲く頃」でセンターを務め、そして6月15日と16日に静岡県のエコパアリーナで行われるコンサートをもって卒業。

ファンからもメンバーからも愛され、惜しまれつつも卒業していくまいまいからの最後のプレゼントともいえるのが本作となります。

 

ずっと、そばにいたい

深川麻衣さんが乃木坂46メンバーとしては最初で最後となる写真集・・・
(あえてそういう書き方をしたのは、卒業後もまた写真集を出してほしいという願望を込めていますが・・・)

そこには飾らない、ありのままの深川麻衣さんの姿が収録されていました。

浴衣姿で笑うまいまい・・・
水着姿で緊張気味のまいまい・・・
赤いドレスでエレガントなまいまい・・・
温泉ではにかむまいまい・・・
すっぴんのまいまい・・・
ゲームではしゃぐまいまい・・・
そして、車から顔をのぞかせるまいまい・・・

今までどちらかというとメンバーをそっと支える存在という印象で、がつがつ前に出てくるでもなく、いつも優しく微笑んでいて、まさしく「聖母」っていう感じだったんですが・・・裏を返せばこれまで乃木坂46のメンバーとしての深川麻衣さんしか見ていなかったわけで、本作では逆にひとりの女性としての深川麻衣さん、そのありのままの姿を見せてくれた・・・という感じ。

「ずっと、そばにいたい」

そのタイトルに込められた意味は、みんなが愛してくれた深川麻衣・・・
その”今”を凝縮したような形で、みんなのそばにいたい。
そんな願望が込められたタイトルなのかなぁって想像してみたりして。。

ま、変に気取った写真だったり、フォトグラファーのエゴが出まくりの写真集とかだったら逆に嫌だなぁって思ってたんで、大好きなまいまいの大好きな姿をいっぱい見れてよかったなぁって思います。

・・・いや、最後の最後でまた新たな魅力を出してきた感もあり、こんな表情見せられたら余計に卒業が惜しくなっちゃうじゃんって思ってしまうんですが・・・

とにかく本作を見ると、最後までまいまい推しで良かった。
その想いが確信に変わる一冊だと思います。

 

私の好きなまいまい

まいまいを見ていていいなって思うのは、目尻に皺をいっぱいよせてにっこり微笑むあの瞬間。まいまい独特のくしゅっとした感じがたまらなくかわいらしくて、「癒される」ってああいう時に感じるのかなぁって思ってました。

と思ったら、きりっと決めた時はちょっと上戸彩さんっぽく見えるギャップ・・・みたいな。

勿論、本作にもそういう瞬間っていうのが結構掲載されているし、所々で顔を出すまいまいのお茶目さ、仕草、表情・・・そういうのが随所に垣間見えて、私的にはそれだけで宝物のよう。

 

そんなまいまいの超貴重な水着姿・・・

掲載されている枚数自体はそんなに多くないんですけど、見開きの寝姿とかすごくドキッとさせられるし、どうにかぎりぎりのところで写真におさまったおへそ・・・多分この1カットだけだと思うんですが、最後に素敵な思い出になりました(笑)

で、場面が変わって水着も終わりかぁ・・・と思ったら、忘れた頃に再登場!!
(同じ水着だけどね・・・)

プールサイドに寄ってきて少し胸が強調された感じになっていて・・・これは意外というか、予想もしなかった不意討ちって感じでビックリ!!
まあ最年長って事を考えたら別にいいんでしょうけど、お姉さん組ならではの魅せ方というか、聖母からの会心の一撃って感じでした(笑)

 

あとは・・・入浴シーンかな。

前もって知ってたらこっちを買ったんじゃないかってぐら素敵なデザインを採用しているセブンネット限定表紙がコチラ!!

f:id:risacchi:20160612164323j:plain

これはいかんて・・・

確かに写真集の中でも使われているカットだけど、まいまいの聖母の微笑みで温泉とか破壊力ありすぎやし!!!!

前もって知ってたら「是非もなし!」って思っただろうに・・・

余談ですが、秋元康氏のコメントが長いしキレもないというか・・・AKB48と秋元康って深く結びついてる印象があるけど、乃木坂46と秋元康ってAKB48ほど結びつきが深くない印象だから、いちいちしゃしゃり出てくるんじゃないよって気もします。
ま、写真集の帯にコピーを書くのも総合プロデューサーの役割なのかもしれないけど、穿った見方をすると、それを書く事でギャランティー的なものが発生してるんじゃないの?っていう・・・いっちょかみ的な感じがなんか嫌なんですよねぇ。
(AKB48の場合は全く思わないけど、乃木坂46の場合はすごくそれを感じます。)

特にこっちバージョンの表紙だと文字は邪魔でしかない(笑)

 

そんな余談はさておき、最後の最後にこんな素敵な写真集を見せられると、余計に名残惜しく感じてしまうけど、深川麻衣さんが決意して踏み出した一歩だから、その気持ちを受け止めて最後まで応援したいと思うし、新たな道でも頑張ってほしいと思う。

 

願わくば、その聖母の微笑みにまた会えることを期待して・・・

 

深川麻衣ファースト写真集 ずっと、そばにいたい

深川麻衣ファースト写真集 ずっと、そばにいたい

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.