読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

最近のひにゃこのグラビアの中ではいい出来だと思う!「ヤングマガジン No.29 佐野ひなこ」の感想

ヤングマガジン 2016年 7/4 号 [雑誌]

6月20日に発売されたヤングマガジンの表紙は佐野ひなこさん。

結論から言うと、最近の佐野ひなこさんのグラビアの中ではかなり出来が良かったように思います!!
それってハワイロケでテンション上がってるから?それとも月9ドラマ「好きな人がいること」への出演が決まったから?

それもあるかもしれませんが、どうやらそうではないようです。

・・・というわけで、そも答えを探すべく早速グラビアに行きたいと思います。

 

表紙&巻頭グラビア 佐野ひなこ

表紙はビーチでの座りポーズ。
やや前かがみという事で、佐野ひなこさんの胸のボリュームが伝わる感じのグッドデザイン!!な表紙となっています。

グラビアはバストアップから始まり、バックショット。
それから表情をメインとした寄りのカットに、波間で戯れる姿が2点。

最後は白系だけどちょっとずつ違うデザインの水着姿・・・という構成です。

 

今回、佐野ひなこさんのグラビアの出来がやけにいいなぁって思ったんですが、ひとつはショートカットが少し落ち着いてきた感じで、よく見せる為のポイントが掴めてきたんじゃないかっていう点。

そしてもう一つが、写真集発売が決まったという点!!
恐らくは今回のカットも写真集仕様だったのでは?って考えると納得って感じなんですが、今回は「ひなこ、水着、3ねんぶん」と題して、デビューからこれまでの未公開カットなんかも含めた総集編的な内容なんで、最新の撮り下ろしカットが今回のグラビアっていう可能性もあると思うので、必然的に出来がいいのかなぁって感じも・・・

そういう意味では、今回の佐野ひなこさんのグラビアは、ここ最近の中ではベストだったんじゃないかと思うんですが・・・私的にはデビューした頃がピークだったんじゃないかって感じがしなくもないので、初期の姿が掲載されるのって逆にいいんじゃないだろうか?って思ったりなんかして。

なんだかんだでうちのブログで多分一番読まれている記事がこれなんで・・・ 

最初の衝撃を考えたら、女優業とかにシフトしている間に、久松郁実さんと石川恋さんがグラビア業界の勢力図を塗り替えた感はありますが、今へ繋がる新時代の扉を開いたのは佐野ひなこさんだと思うので、敬意を表して写真集は買うと思います(笑)

しかも過去のグラビアも網羅されているのであれば、私的には余計に価値が高い気がするんで・・・ 

佐野ひなこ写真集 ひなこ、水着、3ねんぶん

佐野ひなこ写真集 ひなこ、水着、3ねんぶん

 

 

巻末グラビア 原野愛弓

最初に見た瞬間に「あ、このコはどこかのモデルさんだろうな」って思ったら、女性誌「Ranzuki」の専属モデルさんだったという原野愛弓さん。

座りポーズですでにかわいらしいなって思うんですが、髪形とかメイクとかがいかにも・・・って感じだったんで、やっぱそうかって自己納得(笑)

Tシャツ脱ぎかけ・・・みたいな感じも止めのタイミングが上手くて、しかも胸も結構ある感じなんで、少し寄せた感じの胸のボリューム感もいいですね!!

寝姿のポージングとかアングル的にウルトラマンみたいだなぁっていうのはさておき、最後も前かがみのポージングでかわいらしくおフェロに。

てか、「おフェロってなんじゃい?!」って思わなくもないけど、まあ派手めな感じではあるけど、ちゃんとかわいらしさもあり、しかもスタイルもいいときたら・・・これは再登場を期待するしかない!!!!

モデル業界にもまだまだグラビア向きなコがいるんだなぁと気付かされるグラビアでした。

ヤングマガジン 2016年 7/4 号 [雑誌]

ヤングマガジン 2016年 7/4 号 [雑誌]

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.