読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

セカンド写真集なのにデジャヴな感じ。「植村あかり 写真集 AKARI Ⅱ」の感想

【Amazon.co.jp限定】 Juice=Juice 植村あかり 写真集 『 AKARI II 』 Amazon限定カバーVer.

7月25日に発売されたJuice=Juiceの植村あかりのセカンド写真集「AKARI Ⅱ」ですが、帯には「また会えたね、、、17歳の輝き。」という事で、昨年に続いて2年連続の写真集発売となりました!!

こちらの真っ赤なビキニ姿の表紙がAmazon.co.jp限定表紙バージョンで、こちらが通常バージョンとなります。

Juice=Juice 植村あかり 写真集 『 AKARI II 』

・・・どっちのあーりーがお好みですか???

 

なんて事をいいながら、早速中身をチェックしていきたいと思います。

 

植村あかりセカンド写真集「AKARI Ⅱ」の概要と感想

今回の写真集で植村あかりが着用した衣装をざっくり書き出すとざっとこんな感じ。

海岸での赤のビキニ姿。
肩ひもなしの水着にビブスのようなシャツ姿。
髪をまとめての白のビキニ姿。
制服姿。
紺のスク水。
ワンピース系。(茶系の柄物⇒白)
白のルームウェア。
タンクトップに短パンにスタジャン。
白のワンピース。

この中だと、肩ひもなしの水着におっきめのシャツ姿なんかは、やっぱ胸があるなぁと感じさせるカットもあり、特にメイキングDVDの映像とかの方がインパクト強かったりします!!

 

ただ・・・

前作と本作の違いって結局ロケ地と衣装だけじゃない?って感じ。
確かに写真集のタイトルでいくと、Ⅰ⇒Ⅱへの繋がりっていうのはわからんでもないけど、びっくりするぐらい全く同じコンセプト(ポートレート的な感じで植村あかりをとことんきれいに撮影する)で撮影されており、16歳から17歳へと成長した分の変化は確かにあるとは思うんですが・・・結果、セカンド写真集ならではの新要素が全く感じられない写真集だと思っちゃいました。

 

ここで前作の感想をおさらいしておくと・・・ 

やっぱり「16歳のはじめての水着姿」っていうのが大きく、初めてなのにすんごい体してるし、顔はきれいだし・・・そのまんまでも十分すぎるぐらいのインパクトがありました。

ファースト写真集だからこそ、Juice=Juiceの植村あかりを皆さんに知ってもらえるよう、ポートレート的な感じで、植村あかりの素材の良さを最大限活かす方向で撮影されたんだと思うんです。

というか、むしろファースト写真集はそうあるべき!!

ただ・・・ファースト写真集で素材の良さを見せたのであれば、セカンド写真集以降は素材のアレンジというか、その素材ならではの見せ方だったり、ちょっと違う味付けだったりと、少しずつ違う要素が必要であって、例えばこれまであまり見せていなかった表情だったり、例えばコスプレじゃないけどいつも少し違う衣装を着てみたり・・・あとは回を重ねる毎に露出度が上がっていく・・・なんてものも人によってはあるでしょう。

一般的な写真集であれば、少しずつ新要素を見せながら、前作と比較しての被写体の成長だったり、新たな魅力だったりというのを引き出していくんだと思うんですが、残念ながら私には年齢を1つ重ねた事による微妙な変化意外で、新しい魅力を見出す事はできませんでした。

となると、初めてづくしだったファースト写真集よりは必然的にインパクトが下がってしまうので、ファースト写真集を持っている私にとっては、何か物足りないなぁという印象。 

無論、植村あかりのビジュアルの良さだったり、スタイルの良さだったりという、素材としての魅力は十分すぎるぐらい伝わる・・・それは間違いないので、ファースト写真集との対比として、セカンド写真集ならではのプラスアルファが欲しかった、ただそれだけです。

ま、こちらから何かを提案するとしたら・・・次回作「AKARI Ⅲ」をもし作る場合はカメラマンを変えてみてはいかがでしょう?って感じでしょうか。

おすすめ度:★★★☆☆
(前作を持ってない人なら★★★★☆でいいと思うんですけどね・・・)

メイキング映像とのギャップ

本作にはメイキング映像を収録したDVDが付いてくるんですが、そこでカメラに向かっている植村あかりの姿は、写真集でのキリッとした感じとはかなりギャップがあります。

そして、感想でも少し書いたけど、肩ひもなしの水着にシャツを着て普通の水着っぽくしてるカットなんかも、写真集では結構かっこいい感じに撮ってあって、そこまでのインパクトはなかったんですが・・・

実はメイキング映像だと、水着を押し返さんばかりの胸のボリュームがあり、なにげにエロい格好だったんだ・・・と気付かされます。

といった感じで、メイキング映像の視点でいくと写真集では出し切れていない植村あかりの魅力がまだまだあるんだなぁって思うんですね。で、それが写真集本編には入ってないんですよ・・・

・・・なんか勿体ない!!

そりゃビジュアルも大事だけど、その中で植村あかりのキャラというか、人間味みたいなのが垣間見えた方がなんかホッとするし、私個人としては色んな表情が見れた方が好きだったりするんですね。そう考えたら映像の方がいいのかもなぁっていう気も・・・ 

Take It Early [Blu-ray]

Take It Early [Blu-ray]

 

近々こちらも発売されるんで、動くあーりーを楽しむのもアリかもしんない(笑)

・・・冗談はこれぐらいにして、まとめに行きたいと思いますが、本作はファースト写真集と全く同じでド直球勝負な一冊。しかも1球目と全く同じ球速・球種できたもんだから、すごい球なんだけど目が慣れちゃったって感じ。

もし次回作があって三度ド直球をほおらすキャッチャー(カメラマン)だったら、それはもう無能としか言いようがないので、ちゃんと変化球を投げさせるキャッチャーに交代する事をおすすめしたいし、私が監督なら速攻で替えてます!!

もっと有能なキャッチャーが座ったときに、植村あかりは次にどんな球を投げてくれるのか・・・そういう意味でも次回作に期待したいです。

(そう考えたら同じキャッチャーで「AKARI Ⅲ」ってタイトルで次回作が出てきたら警戒した方がいいのかも。) 

【Amazon.co.jp限定】 Juice=Juice 植村あかり 写真集 『 AKARI II 』 Amazon限定カバーVer.

【Amazon.co.jp限定】 Juice=Juice 植村あかり 写真集 『 AKARI II 』 Amazon限定カバーVer.

 
Juice=Juice 植村あかり 写真集 『 AKARI II 』

Juice=Juice 植村あかり 写真集 『 AKARI II 』

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.