読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

80年代のTHEアイドルって感じ。「月刊平凡 GOLDEN BEST!! Vol.1 河合奈保子写真集 再会の夏」の感想

月刊平凡 GOLDEN BEST!! Vol.1 河合奈保子写真集 再会の夏 (マガジンハウス・アーカイブス)

8月31日に発売された「月刊平凡 GOLDEN BEST!! Vol.1 河合奈保子写真集 再会の夏」の感想です。

本作はアイドル雑誌の草分け的な「平凡」から、当時の写真をデジタルリマスタリングして作られた一冊。写真集のサイズ自体はひとまわり小さいものですが、厳選された150カットで、当時のトップアイドル河合奈保子が現代に蘇りました!!

80年代のアイドルといえば・・・

80年代のアイドルでまず思い浮かぶのは松田聖子。
そして、歌手といえば中森明菜。それからキョンキョンこと小泉今日子・・・

他にもたくさんのアイドルがいて、今でも活躍している方が多い黄金世代といった感じなんですが、そんな中で同じく一時代を築いたのが河合奈保子。

・・・つっても、私なんかの世代からはズレているので、さすがに当時を語ることはできないけど、どちらかというと「懐かしのアイドル特集」とかで昔の歌番組とか、昔の「オールスター水泳大会」的な番組で見た記憶の方が強いかもって感じです。

ビジュアル的な印象が強い河合奈保子

ただ、残念ながら河合奈保子さんって今は芸能活動はされていないようですし、同年代のアイドルの方と比べると、ヒット曲に恵まれた印象はないんですが・・・ただビジュアル的な印象はとにかく鮮烈!!

「聖子ちゃんカット」ではないけど、いかにも80年代って感じのショートカットに、大きな瞳、そして八重歯という愛くるしいルックスと、そこからは想像できないようなグラマラスボディーで・・・現代のグラビアアイドルでも、ここまでハイスペックな方はあまりいないんじゃないかってぐらい強烈なビジュアル。

だからこそ、現代においても80年代アイドルといって、1番じゃなくても3番目ぐらいには名前が挙がるんだと思います。

生まれた時期が違っていたら・・・と感じる極上ボディー

それこそ銀塩写真の時代だから、今みたいにたくさん撮ってその中から選べるわけでもないし、今みたいにグラビアを披露する媒体もなかった時代だから、本作に掲載されている写真自体が非常に貴重なんだと思うけど・・・ビキニから伝わるグラマラスボディーは今でいう久松郁実級!!

豊かな胸に、ぎゅっと引き締まったウエストのライン。
そして適度に肉付きもよくて、現代のグラビアアイドルとも見劣りしないところが本当に凄いと思います。

その時代だったからこそ今でも名前が残っているのか、それとも、今だったらグラビア界のトップに君臨したか・・・その辺はよくわかりませんが、少なくとも撮影機材の質が今よりも劣っていて、現存する写真の枚数も今より圧倒的に少ないのは私的にはすごく残念です。

THEアイドルといった感じの写真集

表情に関しては、キメ顔は今も昔も変わらず目を見開いた感じで、少しでもメヂカラというか、写真に力強さを持たせようといったところは変わらないんですが、意外と自然な表情なんかも多くて、振り幅がある。

そのくせボディーはとことんグラマラスだったりするから、ギャップもあるって感じ。

なんで今更河合奈保子って思わなくもなかったけど、写真に説得力があるし、今のグラビアアイドルと勝負できるだけのモノがあるからこそ・・・なんでしょうね。

単に昔を懐かしむ為のもの・・・とは違う気がしました。

 

構成としては一応7項目あって、水着を挟みながらの前半。モノクロのグラビアを挟んで再び水着。そして最後は歌手として・・・といった感じです。 

グラビア界のレジェンドを知って今を知る・・・まさに温故知新と言える一冊ですね。

月刊平凡 GOLDEN BEST!! Vol.1 河合奈保子写真集 再会の夏 (マガジンハウス・アーカイブス)

月刊平凡 GOLDEN BEST!! Vol.1 河合奈保子写真集 再会の夏 (マガジンハウス・アーカイブス)

  • 作者: マガジンハウス・アーカイブス
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2016/08/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.