読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

モーニング娘。’16がなんだかいい感じ♪ CDJournal 2016年12月号の感想

CDJournal2016年 12月号 (CDジャーナル)

2016年11月19日のCDJournal(CDジャーナル) 2016年12月号の表紙はモーニング娘。’16です。

初めて購入する雑誌ですが、今回はモーニング娘。’16が表紙って事と、TwitterのTLに流れてくる画像とかがかなりいい感じだったので試しに購入。

全体の厚みに対して、実際に掲載されているページ数はかなり少なかったりするんですが、せっかく買ったんで紹介しておきます。

表紙&巻頭カラー モーニング娘。’16

本誌は160ページあるんですが、モーニング娘。’16が出ているのはグラビアが見開きで3ページ、インタビューも見開きで3ページなんで、表紙ぷらす12ページ。

その後にこぶしファクトリーから広瀬彩海、小川麗奈、井上玲音が4ページ。

さらに今月の推薦盤のコーナーで℃-uteとかカントリー・ガールズなんかのライブDVDが軽く紹介されてる程度なんで、「ハロプロ」って考えても割り当てが凄く少ないって事だけは最初に書いておきたいと思います。

(ま、音楽業界全体を満遍なく扱ってる感じなんで、どこかに偏ってるっていうのがないからフェアな雑誌と言えるのかもしれませんが・・・)

 

まずは表紙。新曲の「ムキダシで向き合って」の衣装で、ハート型のくり抜きから飛び出すメンバー・・・という構図。各々がその形を活かしたポージングをしていて、とてもかわいらしい!

・・・と思ったら、1人だけその枠から飛び出しちゃってるコが!!

丁度、記事のトップに表紙画像を貼ってるので見たらすぐわかると思うんですが、我らがまーちゃんこと佐藤優樹さん(右下)!!

ひとりだけパネルの前でポーズをとっているという型破りな感じ。
こういう場面で型にはまらずに個性を発揮するあたりはさすがというか、ハートのパネルを背景にしてしまう・・・この辺がまーちゃんの凄さ。

編集の方も、それを他と違うからダメだと否定するのではなく、逆にその発想を面白がって、ちゃんとそれが活きる場所にレイアウトしてくれるあたりは粋だなって思いますね!!

 

グラビアは11人のメンバーが2ポーズずつ登場するんですが、ページの中で寄り引きみたいなのがあって、その中でメインとなるメンバーとサブに回るメンバーみたいな組み合わせの中で、全員が満遍なくメインとサブをやっているので、これはすごく上手い方法だなって思いました。

しかも、12期が安定してきた事もありますが、モーニング娘。全体のビジュアルレベルが底上げされてる感じで、道重さゆみさんが作り上げたモーニング娘。’14が総合力で最強なら、今のモーニング娘。’16ってビジュアルレベル最強なのでは?って気もします。

元を辿れば、平家みちよオーディションの負け組で作られたのがモーニング娘。であり、当初そこまで洗練されたイメージがなかったんですが、20年の紆余曲折を経て今のモーニング娘。はビジュアル的にいい感じになってきたなって思いました。

 

ただ・・・ここで止まらないのがモーニング娘。

12月12日の日本武道館コンサートで遂に13期メンバーが発表される模様。
しかも、2度のオーディションを行った結果、今回は一般からの加入は見送る事になり、ハロプロ研修生から選ばれるとの事!!

一体誰が入るのか?何人入るのか非常に楽しみですが・・・これでまた大所帯になるんですかね?

あかねちん(羽賀朱音)より上の世代の研修生が入ったら人間関係がややこしくなりそうだけど、現メンバーとどんな化学反応が起こるか楽しみだし、大体の研修生が正規メンバーになって一気に垢抜けるので、まあ色々楽しみです。

ただ、13期オーディションやってる間にハロプロ研修生からカントリー・ガールズ、アンジュルム、つばきファクトリーへとどんどん人材が引き抜かれているので、あと誰がいたっけ?って感じがしなくもないし、ベテラン研修生のスキルメン加賀&段原にとっては娘。入りのラストチャンスな気もするし・・・それもあとちょっとで明らかになりますね!!

月曜開催だからさすがに日本武道館には行けないけど、ドキドキしながら結果報告を待ちたいと思います。 

CDJournal2016年 12月号 (CDジャーナル)

CDJournal2016年 12月号 (CDジャーナル)

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.