読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

これもライブの醍醐味・・・「℃maj9 SPECIAL LIVE ℃-ute」の感想

DVDレビュー ℃-ute コンサート

℃maj9 SPECIAL LIVE [DVD]

8月3日に発売された本作は、2016年3月6日に「品川インターシティ」にて行われた、℃-uteのニューアルバム「℃maj9」の発売記念スペシャルLIVEを収録したもの。

本作の収録曲はこんな感じです。

℃-ute「℃maj9 SPECIAL LIVE」収録曲

情熱エクスタシー
MC
心の叫びを歌にしてみた
I miss you
The Middle Management~女性中間管理職~
Crazy 完全な大人
Danceでバコーン!
MC
我武者LIFE
アイアンハート

特典映像

愛ってもっと斬新
Love take it all
The Power
都会の一人暮らし
次の角を曲がれ
THE FUTURE
僕らの輝き

それでは早速感想に行ってみたいと思います。

℃maj9 SPECIAL LIVEのセットリストについて

よくよく考えたらアルバム「℃maj9」って、シングル曲+アルバム曲っていう構成だから、今回のセットリストはアルバムに収録されているシングル曲と、アルバム収録曲は既に公開済みの「情熱エクスタシー」と「アイアンハート」だけなんで、「℃maj9 SPECIAL LIVE」っていう演目な割にはアルバム収録曲が少ないなぁっていう気がしました。

まあその後行われた2016年春ツアー「℃ONCERTO」がアルバム収録曲を大々的にフィーチャーしたセットリストだったから、大人の事情で披露できなかったのかもしれませんが・・・

 

MCでは、今回のセットリストに出てこないメンバーのフィーチャー曲についての解説から。「デジタリック→0 (LOVE)」は岡井ちゃん(岡井千聖)が一人でやると息継ぎが大変とか、「羨んじゃう」は愛理が冒頭の英語の部分を軽く披露するなど、いつもの℃-uteのノリだったんですが、岡井ちゃんが喉の調子が悪い頃(その後6月に手術)のものなので、いつもよりもかなりハスキーボイス。

まあそういう事情だから仕方ない面はあるけど、「心の叫びを歌にしてみた」の煽りが優しかったり、いつもの岡井ちゃんのパワフルさがなくてちょっぴり残念。

というか、最初のMCでかなりの尺をとったせいか、その後のMCがちょっとしかないのも私的には残念でした。最後の挨拶なんかもホールコンとかと比べたら実にあっさりとしたもんだし・・・

(一説によると、MCコーナーが一部カットされているんだとか・・・)

勿論、ライブパフォーマンスを見せるのが最優先だとは思いますが、℃-uteメンバー5人の雰囲気だったり、掛け合いだったりってのも好きだったりするから、その日のライブに行けなかった人でもその空間を追体験できるよう、なるべくMCコーナーのトークもカットせずに入れてほしかった気がします。

こういう時に改めてわかる鈴木愛理の凄さ

今回はムードメーカーでもある岡井ちゃんが喉の調子が悪かったこともあってか、全体的な調子もイマイチな感じで、愛理(鈴木愛理)の抜群の安定感に助けられたライブだったなぁっていう気が正直しました。

全体的に高音部の音程がとれていないというか、そこに届ききっていないシーンが散見され、特になっきぃ(中島早貴)のフィーチャー曲でもある「情熱エクスタシー」とかそうだし、まいまい(萩原舞)とか相変わらずだし・・・

てか、まいまいって元々持っている声質はメンバーの中でも太い方だから、声がきれいに出てビシッと決まるとものすごく気持ちがいいんだけど、いかんせん喉が詰まったような感じになる事が多くて、声がきれいに出なかったり、音程が外れたりって事が起きちゃう。

そういう意味では今回も危なっかしい箇所が多かったような気がします。

ま、この辺は℃-uteの弱点ではなく、むしろ伸びしろだと思っているので、根気よく見守っていくしかないと思ってますけどね(笑)

 

そんな中で唯一ぶれないのが鈴木愛理!!

音を外す事もほぼないし、他のメンバーが音を外してもそこに引っ張られる事もないし、常に安定した歌声も出せるのって本当にすごい事だと思います。

(舞美ちゃん(矢島舞美)も比較的安定はしてるけど、たまにやらかす癖があるから盤石とまではいかないんですよね・・・)

今回はそんな状況だったからこそ、℃-uteのぶれない軸として鈴木愛理の存在が余計に光ってるなぁと感じました。

 

よくよく考えたら愛理って体調を崩してコンサートを休んだ・・・なんて話も聞かないし、10年以上コンスタントに高品質を維持し続けていて、それが当たり前だと言わんばかりに普通に振る舞っていますが、その影で本人はめっちゃ努力しているはずだし、色んな事に気を付けているはずなんだけど、そうした影の努力を感じさせないのは本当に凄い事だと思います。

まさに「プロフェッショナル」といったところではないでしょうか。

これもライブの醍醐味。

ここまであまりいい事を書いていない気がしますが、その時々の状況やら体調やら色んな要素が絡み合って生み出されるのが1回1回のライブであり、人間だから全く同じにできるわけもなく、良かったり悪かったりってのは絶対ある。

だからこそ、少しでも良いものを出せるようにと研鑽を重ねていくわけだし、同じコンサートでも初日と千秋楽では積み上げが違うから、最終的には全然違うものになってるはずだし、むしろなってなきゃおかしいぐらいだし・・・

そういうのがライブの面白さでもあるし、醍醐味でもある。

その時、その瞬間にしか味わえない何かがあるからこそ、ライブって楽しいんだと思います。

色々書いてきましたが、舞美ちゃんを筆頭にみんなが楽しそうにライブをやってる・・・その姿を見れるだけでこっちとしては幸せだったりもするんで、結果満足しました(笑)

 

※諸事情により一旦ここで結びとしますが、もう少しだけ書きたい事があるので、後日追記したいと思います。 

℃maj9 SPECIAL LIVE [DVD]

℃maj9 SPECIAL LIVE [DVD]

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.