読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

もう”冬の時代”とは言わせない!「ENTAME genic vol.001 久松郁実」の感想

ENTAME genic(エンタメ ジェニック) 2016年 08 月号 [雑誌]: ENTAME(エンタメ) 増刊

7月15日に発売されたENTAME genic vol.001(月刊エンタメ増刊8月号)の表紙は久松郁実。

今回は今が旬のグラビアアイドル15人が集まったムック本。
「グラビアの再定義」というテーマを掲げ、久松郁実、石川恋、山地まり、柳いろは、朝比奈彩、柳ゆり菜、都丸紗也華、星名美津紀、岸明日香&橘花凛、安枝瞳、長澤茉里奈、高橋胡桃、佐藤麗奈、佐山彩香という名だたるメンバーが大集結!!

かつて雑誌のグラビアがグラビアアイドルのものだった頃は、この手のムック本って本当にたくさんあったんですが、その後「グラビアアイドル冬の時代」と言われた時代があって、昨年の増刊は48グループの特集でしたが・・・ 

今年の別冊を今、旬のグラビアアイドルでやろうってなったのは、風向きが変わって春の訪れを告げるものだと思うし、ここに「冬の終わり」を宣言してもいいのではって気がします。

蒸し暑い日が続きますが、これからグラビアアイドル業界全体が熱くなっていったらいいなと思うし、それを印象付ける一冊になればと思います!!

おすすめ度:★★★★★

 

表紙&巻頭グラビア 久松郁実

ENTAME genicの表紙は現在のグラビアアイドル業界の横綱、久松郁実。
表紙は一見バストアップかと思いきや・・・実は見開きになっているので、裏表紙はおへそから下になっていて、全身をしっかり見る事が出来る・・・まさに「グラビア」って感じ!!

グラビアは水着でパーティーって感じのグラビアで、楽しそうな笑顔と、かわいらしい表情、そしてグラマラスなボディーが印象的。

最後はバスルームでしっとり・・・って感じの構成。

小細工抜きでしっかりとボディーも見せてくれるので、非常に見応えがあるというか、ちゃんと「グラビアを見た」って思える満足度の高い仕上がりになっています!!

 

ふたりの週末旅行01 石川恋

ちょっとアンニュイな雰囲気の旅行って感じですが、グラビアに関しては出し惜しみなし!!

逆光っぽい感じで浮かび上がるボディーと腹筋のラインが艶めかしい。
ベッドの上でのややピンボケしてるカットなんかはちょっとニュアンスが違う感じで、ちょっとヤバい感じがしました(笑)

さすが石川恋って感じのグラビアでした。

 

ふたりの週末旅行02 山地まり

山地まりのグラビアはにっこり笑ってみたり、艶っぽい表情なんかも多いんだけど・・・

やっぱり胸の形がきれい!!

スリップからの胸の谷間から、黒の水着の胸のラインとかはすごくキレイだと思います。

 

ふたりの週末旅行03 柳いろは

この後、妹さんも出てくるんですが・・・
先に姉の柳いろはが登場!!

なんだかんだで浴衣姿がよかったなぁ・・・みたいな(笑)

 

唯一無二のカラダ01 朝比奈彩

ここから趣旨が変わり・・・登場したのは奇跡の9頭身、朝比奈彩!!

最初に白の水着の立ちポーズを2ポーズもってきていて、「唯一無二」感をすごく出してる!!
(しかもなんかちょっとモデルっぽい感じだし・・・)

その後は割と普通のグラビアだけど、最後がちょっとカッコいい系になっていて、朝比奈彩っぽくない仕上がりに。

これはこれでちょっと面白いかも。

 

唯一無二のカラダ02 柳ゆり菜

人懐っこい笑顔がかわいらしい柳ゆり菜。

スタイルの良さもさることながらおへその感じがまたキレイ!!
そして肩紐なしの水着もいい感じですねぇ。

 

唯一無二のカラダ03 都丸紗也華

雰囲気がちょっと大人っぽくなってきた感のある都丸紗也華。

全体的に肉付きが良くて健康的。そして胸のボリュームはまさにダイナマイトって感じ。今までとはまたちょっと違う雰囲気に、とまるまるの成長を感じます。

 

絶対温度の求め方01 星名美津紀

なにげに完成の域に達しつつあるのが星名美津紀。

表情もさることながら、魅せ方の上手さはさすがって感じ。
スタイルの良さと、表情が相まって、まさに隠れた実力者って感じですね。
(本当はもっと活躍してていいと思うんですが・・・)

 

絶対温度の求め方02 岸明日香&橘花凛

ここだけコラボなんですが、岸明日香と橘花凛のコラボ。

ぺったりくっついた巨乳とかは、まさしくコラボグラビアならではのみどころって感じ(笑)

 

絶対温度の求め方03 安枝瞳

色調がきれいで肌色がパステル調に見える安枝瞳のグラビア。

なんだか垢抜けてすっかりかわいくなっちゃって、しかもお尻はしっかり強調とか・・・さすがわかってらっしゃる(笑)

 

みんなのグラビア01 長澤茉里奈

ここからまた趣旨が変わって、長澤茉里奈のグラビア。

合法ロリだから・・・って事で、表情をかなりロリに寄せてる感じがするんだけど、ちょと子供っぽすぎて笑えないレベルかも。

ロリってのはわかるけど、あんまり子供方向に寄せすぎるとかわいさも微妙になってくるので、ちょっと気を付けた方がいいんじゃないでしょうか。

 

みんなのグラビア02 高橋胡桃

アイドリング!!!在籍時はそんなに目立っていた印象がない高橋胡桃ですが・・・

ここ最近のグラビアではめっちゃいい仕事をしてると思う!!

今回のグラビアもなんかわからんけど表情がめっちゃよくて、愁いを帯びた瞳っていうのかな?
「私の事守ってくれますか?」って訴えかけてくる感じの視線がすごくいい感じで、儚さを内包したきれいさ・・・みたいなのを出してきてる気がします。

なにげに今作の裏MVPかも!!

 

みんなのグラビア03 佐藤麗奈

佐藤麗奈のグラビアですが、さとれなも瞳が輝かないタイプなんですかねぇ?
(よくモーニング娘。’16の羽賀朱音が気にしてるネタね。)

表情とか悪くないんだけど、今回はそれがちょっと気になりました。

 

ふたりの週末旅行Revisited 佐山彩香

大トリは佐山彩香。休日って感じですっぴんって感じ。

まあこういう雰囲気を見せられるのは悪くないと思うんだけど、全体的にむちむちしていて・・・まあそれが佐山彩香の武器だったりもするんだけど、そこがいいような悪いようなって感じ(笑)

 

まとめ

グラビアって言っても色んなジャンル・・・みたいなのがあって、女優さんとかだと「いつもみせない表情」とかを見せるのがテーマになってくるし、アイドルだと水着は着ていてもどちらかというと表情とかに重点を置きたい・・・みたいなのが見え隠れしていたりして、色んなジャンルがあるのは確か。

だけど、グラビアつって本当に見たいのは何かってなってくると、やっぱり女性のボディーラインなんじゃないかな?

というわけで、グラビアで水着姿を見せる事に特化した「グラビアアイドル」というジャンルができたわけですが、初期のグラビアアイドルっていうのは、水着仕事って事で低く見られるというか・・・そこで知名度を得てからタレントだったり女優業であったりと異業種へ転身する者も多く、ある意味ステップボードの為のものという位置付けでした。

 

そんなグラビア業界に48グループ参戦してきた頃は、それこそグラビアアイドル並みの露出度で、「アイドルがそこまでやっちゃうの?」ってぐらいインパクトがあったから、一気に勢力図が変わってしまったけど・・・
(大人の事情もあるでしょうが、なまじ売れるもんだから寡占状態になってしまったわけですが。)

その後、神7と言われたメンバーの卒業と、人気メンバーの出し惜しみとかも重なって、緩やかに当初のインパクトから下降してきたタイミングで、今後は全く脱がない乃木坂46・坂道シリーズが台頭してきて、青年誌のグラビアなのに水着が一切ない・・・なんて事も。

 

潜在的に水着グラビアに対する渇望が増してきた中で、かつての勢いを取り戻しつつあるグラビアアイドル達。

しかも、現在はモデルと兼業だったり、アイドルと兼業だったりしながらも、グラビアのフィールドに立てば、しっかりとグラビアアイドルと同じだけのグラビアを披露できる・・・まさに新世代のグラビアアイドルといったところ。

本作はそんなグラビアアイドル達の競演の場でもあり、新たな時代の幕開けとも言える一冊。今回で終わらずに次に繋げる事が、今回登場したメンバーに課せられた使命とも言えるのではないでしょうか。

ちなみに付属のポスターなんですが、裏表5枚で計10パターンの特盛仕様で、水着姿を全身ばっちりおさえており、こちらも抜かりなしといったところ!!

 

「こういうグラビアが見たかったんだ!!」

 という渇望を満たしてくれる「THE グラビア」といえる一冊だと思います。

Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.