読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

ヤングマガジン No.38 山本彩 2014年

ヤングマガジン 山本彩 NMB48 AKB48 雑誌レビュー

ヤングマガジン 2014年 9/1号 [雑誌]

表紙&巻頭グラビア 山本彩(NMB48)

今週のヤンマガの表紙は山本彩さん。
さや姉って他の雑誌では頻繁に表紙を飾っている印象ですが、意外にもヤンマガのグラビアは今回が初ソロって事で自ずと期待が高かったんですが・・・

 

結論から言うと、今回は期待外れでした。

さや姉ももう21歳という事で、今回は下着系の水着を身に纏い、ベッドルームでしっとりナチュラルなセクシーさで、他誌との差別化を図ろうとしたのかどうかはわかりませんが、結果的にそれがよくなかったというか、さや姉ならではの良さみたいなのが全然出ていない・・・まさに「借りてきた猫」状態。

今までのさや姉のグラビアを見てきた印象として、さや姉の魅力を引き出す効果的な方法は2つだと思っていて・・・

1つはライティングでとばすパターン。
(代表的なのが週刊少年チャンピオンのグラビア。)

そしてもう1つは圧倒的にリアルなパターン。
(写真集「さや神」しか成功例はないと思うけど。)

要は、さや姉の鼻筋や頬骨のラインをどう見せるかがポイントだと思っていて、これまでのグラビアでは圧倒的多数なのが前者のパターン。
なるべく目立たないようにする事でアイドル的なかわいらしさをアップさせるというもの。
後者はあえてそういったものも全部リアルに見せつつ、なおかつ表情も思いっきり崩して笑ったすることで、今まで気づかなかった新たな一面を引き出すというもの。
(写真集「さや神」の写真って他のグラビアと全然印象が違うと思いません?)

って考えたら、今回のグラビアって割と後者寄りな感じで、そのくせ表情は似たり寄ったりだったりするから、新しさもなければインパクトもない・・・なんだか味気ないグラビアになっちゃったなぁって感じ。

今や山本彩さんといえば、48グループの中でも数少ない「単独表紙である程度の部数が見込める」メンバーだと思うし、潜在的な期待値も高いと思うので、今回に関しては期待値には届いていないんじゃないかと思ってしまいました。

山本彩ファースト写真集『さや神』

山本彩ファースト写真集『さや神』

 

巻末グラビア DGirls

日野礼香・春菜めぐみ・荒井つかさの3名による新劇場版「頭文字D Legend1 -覚醒-」の期間限定ユニットDガールズです。

3人でのカットとソロカットですが、春菜めぐみさんはいかにもレースクイーンって感じの佇まいで、ポージングも漂うエロスだすごくいい!!

荒井つかささんは・・・良さが伝わってこず、ちょっともったいない感じ。
日野礼香さんはウエストラインがすごく良かったと思います。

よくありがちなユニットもののグラビアでしたが、ソロカットのパンチ力が結構あって、こういうのがグラビアの良さだよなぁって思いました。

ヤングマガジン 2014年 9/1号 [雑誌]

ヤングマガジン 2014年 9/1号 [雑誌]

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.