読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

モーニング娘。'16 コンサートツアー春 ~EMOTION IN MOTION~ 福岡公演に行ってきました!!

f:id:risacchi:20160410232119j:plain

4月10日福岡市民会館 大ホールで行われた「モーニング娘。'16 コンサートツアー春 ~EMOTION IN MOTION~」の昼公演・夜公演に参戦してきました!!

コンサート独特の大音響と、グッズ列の待ち時間+2時間×2回立ちっぱなしの余韻に浸りながら、今回のコンサートの感想なんかを書いていきたいと思います。
(コンサート中なので、セットリストや演出などに関しては極力書かないようにしたいと思います。)

モーニング娘。'16 コンサートツアー春 ~EMOTION IN MOTION~のみどころ

まず、今回のコンサートのみどころというか、自分なりの注目ポイントを挙げてみました。

  1. 生田衣梨奈凱旋コンサート
  2. 鈴木香音ラストツアー
  3. 鞘師里保卒業後初のツアー

1. 生田衣梨奈凱旋コンサート

これは、今回のコンサートツアー全体のみどころというよりは・・・福岡公演のみどころかな。

ここ福岡は生田衣梨奈さんの地元。
昔は田中れいなさんもいたので、生田衣梨奈さんだけの凱旋コンサートではなかったんですが、えりぽん推しの人って確実に増えている印象で、夜公演の1階席を上から見てたらやけに黄緑のTシャツの人が多くて、じわじわキテるなぁって印象。

そして、そんな熱いファンの後押しを受けてえりぽんが燃えないわけがないって事で、えりぽん自身のパフォーマンスもアゲアゲという好循環に。
(それが高じてか、Twitterのトレンド1位に「#えりぽんかわいい」がきたみたいで、夜公演の時にすっごく喜んでました!!)

なにかと東京っていいなぁって思ってしまいがちですが、メンバーの凱旋コンサートはやっぱりその土地でしか見られないものなので、えりぽんが福岡県出身で良かったなぁって思いますね。

 

2. 鈴木香音ラストツアー

昨年末に同じく9期メンバーの鞘師里保さんが卒業していったわけですが、今回のモーニング娘。'16 コンサートツアー春 ~EMOTION IN MOTION~のツアーファイナル、5月31日の日本武道館コンサートをもって鈴木香音さんも卒業してしまうので、今回のコンサートツアーが最後、そして、61枚目シングルがズッキが参加するラストシングルって事で、全国各地を回るのも・・・これが最後。

コンサートグッズには鈴木香音さんの卒業記念メモリアルDVDなんかも加わり、これで最後なんだなぁってしみじみ思ってしまうのですが、昼公演では「鈴木香音がしたい10のこと」という・・・卒業前にやりたいことやっちゃえ的なコーナーがあったり、MCに登場してみたりと、色々見せ場が用意されています。

「愛あらばIT'S ALL RIGHT」のズッキのソロパートなんかは香音コールがものすごかったし・・・

 

3. 鞘師里保卒業後初のツアー

これは余計な心配だったかもしれませんが・・・

これまでは鞘師里保さんがエースとして牽引し、歌割りもかなり多くもらっていたので、「One・Two・Three」をはじめとするモーニング娘。の代表曲の歌割りがどうなっているのか。そして、鞘師里保卒業後のモーニング娘。がどうなったのか・・・

それを見届けるのが今回の一番のみどころだったように思います。

 

モーニング娘。'16 コンサートツアー春 ~EMOTION IN MOTION~の感想

つばきファクトリーのオープニングアクトから本公演の開始までに微妙な間があって、1曲聴いた後にまた座る・・・っていうなんか変な感じのタイムスケジュールではありましたが、昼・夜ともに概ね満席って感じでした。

(すみません。最初の曲・・・書いちゃいますね。。)

 

 

今回は「One・Two・Three」から始まるんですが、鞘師里保さんをして「私を成長させてくれた曲」っていうだけあって、歌割りがどう変わったんだろうって・・・ある意味一番興味があった曲ですが、鞘師パートは概ね譜久村聖さんが引き継いだ形で、ちょこちょこ他のメンバーにも割り当てられたって感じでしたが・・・

びっくりするぐらい違和感がありませんでした!!

「♪ちょびっと・・・」のところなんかは、逆にりほりほよりも色気があるから、フクちゃんバージョンとして昇華させた感じ!!

こう言っちゃなんですが、さすがに「エース」と言われた鞘師里保さんが卒業してしまった事で、全体的に下がってるんじゃないかと思ったんですが・・・全然そんな事なかった!!

残されたメンバーの力を結集し、補い合って、鞘師里保不在ってのを感じさせないステージを作り上げてるっていう印象で・・・メンバーの加入・卒業を乗り越え強くなってきた、これこそがモーニング娘。っていうのを感じさせてくれました。

 

歌に関しては、とにかく小田さくらさんが飛び抜けて実力があるから、要所要所をばしっと決めるベースのような存在。そして譜久村聖さんも歌唱力アップというか、迫力が増したように思う・・・
そんな2人との曲もあった工藤遥さんもちょっと歌が上手くなった感じ。

そこにトドメとばかりに佐藤優樹さん。
鶏が先か卵が先じゃないけど、ビジュアルと歌唱力が格段に上がっていて、本当に目が離せない存在になってきてると思う。
(昔は何やらかすかわからないという意味だったけど・・・)

近い将来のセンター候補だと思っているので、昼公演で悔しいって言ってたまーちゃんの成長・・・彼女の成長がモーニング娘。の起爆剤になると・・・これは割と本気でそう思っています。

 

あとはダンスパフォーマンスなんですが・・・
これに関しては圧倒的に石田亜祐美さん!!

ダンスのキレがひとりだけ全然違っていて、コンサート終盤でもステップの時に足がしっかり上がっていて、止まるところはぴたっと止まる。そういったメリハリもしっかりついているので、あゆみんの動きってすごく小気味いいんですよね。

一度あゆみんを見だしたら、ずーっとあゆみんを目で追いかけてしまうので、やっぱり彼女も「持ってる」なぁって思います。

 

最後は福岡が地元の生田衣梨奈さん。
いつもはちょいクールなえりぽんが、ステージ上だとにこにこしてる。
それが地元だと余計に・・・って事で、本当にえりぽん輝いていたと思う。

サブリーダーになって余計になのかもしれないけど、意識も高いし、それに比例してパフォーマンスもどんどん良くなってきているし・・・歌割りも増えてる!!

得意のアクロバットを活かした・・・っていう見せ場もあるし、なんかキテる感がある気がします。

 

そんな感じで、全体的なパフォーマンスに関しては、メンバーがスキルアップしてちょっとずつ補いながら、これが「モーニング娘。’16」っていう新しい形をみせてくれた気がします。

なんだかちょっと安心しました。

 

MCは・・・
鈴木香音さんのコーナーで飯窪春菜さんのカニの真似をした動画っていうのが昼公演で大ウケ。しかも実際にやらされる羽目に。
他のメンバーもどんどん巻き添えを食う状況になり、最後はフクちゃんの「カニって不細工ではないから」っていう見事なオチへ。
(ただ夜公演ではカニネタは出てこず、あまりはるなんの出番がなかったような・・・)

夜公演はアンコール後の、「何か言いたい事は・・・」みたいな時に、尾形春水さんのダジャレ、羽賀朱音さんの「あかねちんだよ」、牧野真莉愛さんのスキップ?みたいなのが一斉に飛び出しカオス状態・・・

まあ12期メンバーも徐々に出てきたというか、今度の新曲「The Vision」では12期の歌割りも増えていて、いよいよ・・・って感じかな?
(野中美希さんも骨折が治ってパフォーマンス制限もなかったし。)

この曲では譜久村聖・生田衣梨奈・石田亜佑美の3人がマイクを持たないでダンサーをやっているわけですが、バラード調なんでコンサートでは若干ノリにくい曲だなぁって気も・・・

 

そんなこんなでMCやら舞台演出やらも含めて最後までしっかり楽しめる公演でした。

これから行かれる方・・・是非楽しんできてください!! 

Tokyoという片隅/The Vision/泡沫サタデーナイト(曲順未定)(初回生産限定盤A)(DVD付)

Tokyoという片隅/The Vision/泡沫サタデーナイト(曲順未定)(初回生産限定盤A)(DVD付)

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.