読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

鈴木ふみ奈さんの肉付きがたまらん!「ヤングチャンピオン No.11 宮脇咲良(HKT48/AKB48)」の感想

Young champion(ヤングチャンピオン) 2016年 5/24 号 [雑誌]

5月10日に発売されたヤングチャンピオンの表紙はHKT48の宮脇咲良さん。

多分上から撮影してるんでしょうが、ピントが顔に合っていて輪郭が妙にくっきりしていて、顔だけが浮き出た感じにも見え・・・なんだか合成写真っぽい。

「ホンモノの美少女」なら技巧に走らない方がいいと思うんですけどね・・・って思ってしまう表紙。

 

表紙&巻頭グラビア 宮脇咲良(HKT48/AKB48)

「笑顔咲く」っていう最初のカット。
宮脇咲良さんのはにかんだ笑顔を見せたかったのかもしれませんが・・・メイクのせいなのかなんなのかわからないけど、なんかイマイチ。

チークも不自然なら笑顔もなんか不自然というか、宮脇咲良さんならもっと自然な笑顔をするはず・・・ってのもあるので、これもなんか作り手が技巧に走ったのかなぁっていう印象です。

続く水色の水着での立ちポーズ・・・こっちのがまだ自然。
1/4サイズのカットなんかも、まあいつもの・・・って感じなんだけど、今までのイメージよりも大人っぽくなっているというか、なんか「お姉さん」感が出てる感じ。

宮脇咲良さんの場合、出発点がお子ちゃまだったから、それが女の子になり、妹的な感じになり・・・今度はお姉さん!!

こんなにも印象って変わるもんかねって驚かされるんですけどね・・・

ピンクのワンピース姿なんかは本当に大人っぽくなったなぁって思うし、黒の水着姿なんかも今の雰囲気に合ってると思います。

 

そもそも宮脇咲良さんって出発点がお子ちゃまの印象で、そこから少女になり、妹的な感じになり、いよいよお姉さん的な雰囲気まで醸し出すようになり・・・その時その時で印象が全然違うから、成長の速さというか変わりように毎回驚かされます。

ただ、その成長曲線と作り手の意図が噛み合っていない時があって、過去にもイマイチだなぁって思ったグラビアもあったんですが・・・今回に関しては何カットかそういうのが混じっていたかなぁって印象。

私が思うに、過度なメイクも含めて余計な演出をしない方が味が出るコだと思っているので、その辺はもっと上手くやってほしいと思いました。

 

センターグラビア 鈴木ふみ奈

センターグラビアは鈴木ふみ奈さん。
自慢のHカップをソファーの背に押し付けた感じがいきなりたまらんですね。
(で、なぜか鈴木愛理さんがさいきんよくやる口をしてる・・・みたいな。)

肩紐なしの水着の1/4サイズのカットですが、胸をおさえた時に周りに広がる感じなんかは肉質のやわらかさを物語っているし、各パーツの魅せ方とかはさすがって感じ。

白の水着姿なんかは表情や胸の感じもいいんですが、私的にはお腹の肉感的な感じが最高にいいなって思います。

頬杖的な感じのカットはまず表情に目がいくんですが、よーくみるとピントは合ってないけど、胸がすんごく下がってる。てか、この迫力は胸がある人にしか出せないものだから・・・やっぱすごいですね!!

最後は膝立ちポーズですが、全体のシルエットがたまらんというか、カイジとかの「ざわ…」の代わりに「むちっ」って入れたいぐらいで、胸、お腹、お尻、太もも・・・全てが最高級というか、たまらん肉付きだと思いません?

鈴木ふみ奈さんってやっぱいいなぁってしみじみ思いました。 

 

Young champion(ヤングチャンピオン) 2016年 5/24 号 [雑誌]

Young champion(ヤングチャンピオン) 2016年 5/24 号 [雑誌]

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.