読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

まーちゃん推し的にはちょっと複雑・・・「ヤングジャンプ No.28 佐藤優樹(モーニング娘。’16)」の感想

ヤングジャンプ 2016年 6/23 号 [雑誌]

6月9日に発売されたヤングジャンプの表紙は連載漫画の「ゴールデンカムイ」。
ロックバンド「MAN WITH A MISSION」とのコラボ表紙っていうのもあって、なんか妙に迫力ある表紙になっています!!

で、今回は「ゴールデンカムイ」大プッシュ企画として、巻頭・センター・巻末それぞれのグラビアに北海道出身のコを配した構成となっています。

 

というわけで、今号の巻頭グラビアはモーニング娘。’16の佐藤優樹(さとう まさき)さん。ハロプロを知らない人からしたらルビふっとかないと読めないかもだから書いておきますが、名前が「まさき」なんで、ニックネームがまーちゃん。

なんだかんだでつい先日、娘。の一推しがこの佐藤優樹さんだって高らかに宣言しちゃったから超楽しみにしていたわけですが・・・ 

上はその時の記事です。

巻頭グラビア 佐藤優樹(モーニング娘。’16)

「佐藤優樹さんがヤンジャンのグラビア撮影してた!!」

その第一報を聞いた時は、水着グラビアもあるのかな?と密かに期待していたんですが、残念ながら今回は水着はナシ!!

一体どんなグラビアになるんだろう?と期待しながら見たんですが・・・正直な感想は「こうきたかぁ」って感じ。なんかヤンジャンが新人女優さんとかによく使う、大自然の中のポートレート的なグラビア。

まーちゃんの良さを活かすっていう意味ではある意味正解だとも思うんですが・・・その一方で、ロビー活動というか、グラビアを通して今のモーニング娘。’16に興味を持ってもらう必要があるっていう観点で言うと、パンチ力がないというか・・・同じハロプロのいなばっちょ(稲葉愛香)のグラビア見て「やられたー」って思ったぐらいなんで、正直ちょっと複雑な心境です。

 

網走に降り立ったまーちゃん。
セーラー服姿から始まり、見開きでは踏切を渡る姿。
その上にはメガネや唇をすぼめて上を向くまーちゃんなど、ちょっと珍しいものから、お馴染み?のものがずらーり。

ダブルピースのカットをメインに、小さいカットで乗馬してたり、馬の鼻づらにぴったり顔を寄せてみたり・・・というカットがあり、なぜか逆光の表情アップに、ポストに手紙を投函する横顔って感じの構成。

もうね・・・
何が不満かって、いなばっちょのグラビアの最初のページ見たらわかるけど、ああいう「掴み」に相当するカットがないわけですよ!!

どう考えたって、一般層からしてみたらファーストカットを見た瞬間に「いなばっちょカワイイ」ってなりやすそうな1枚を配しているのに対して、まーちゃんのグラビアはある意味一般層向けではないというか、ある程度まーちゃんの事を知っていないと楽しめないんじゃないかって思うんですね・・・

例えば、メガネ姿って珍しいなとか、馬に臆せずぺったり顔を近づけられるのもまーちゃんらしいし、「ちゃんと届くかな?」ってポストを覗きこむ感じなんかは、推しだからこそわかる良さな気がするんで、そういうファンが喜びそうな内向きのものではなく、外に向けてPRできるグラビアにしてほしかったっていうのが正直な感想です。

いつまでも「知る人ぞ知る」存在では勿体ないですから!!

 

稲葉愛香(カントリー・ガールズ)

センターグラビアはカントリー・ガールズの稲葉愛香(いなば まなか)さん。
多分ニックネームは「まなかん」なんでしょうが、生田衣梨奈さんが「いなばっちょ」って呼んでるので、そっちに合せようかと思います(笑)
(ちなみに、現在は喘息により療養中。)

元々自撮りの上手いコだとは思っていましたが、これはかなりいい感じ!!

頬杖ついた感じもかわいいし、展望台のオブジェにぺったり寄り添った感じもいいと思う。
(クラーク博士と並んでるのはご愛嬌って事で・・・)

小さいカットのいなばっちょもどれもいい感じだし、最後の肩出しの衣装なんかもかわいらしい!!

なんかいなばっちょのグラビアの出来がとにかくいいんで、同じハロプロだけど、本当にしてやられたって感じ。それぐらいいなばっちょのグラビアの出来が良かったんだと思います。

 

巻末グラビア 加藤葵

このコはお初なんですが、クマの耳に黒のスケ系の衣装、バックショットでぷりんぷりんのお尻が印象的な加藤葵さん。

なんか最初の印象が乃木坂46の松村沙友理さん的な雰囲気にびっくり!!

水着を含めた1/4サイズの後は赤のビキニでのほぼ全身カットに、1/3サイズのカットと、ワンピース姿でにっこりという構成。

 

前半はやっぱり松村沙友理さん、後半は貫地谷しほりさんにも似てるかなぁって感じで、最後の最後でまた楽しみなコが出てきたんじゃないの?って感じがしました。

ヤングジャンプ 2016年 6/23 号 [雑誌]

ヤングジャンプ 2016年 6/23 号 [雑誌]

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.