読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

遂に浅川梨奈がSUPER☆GiRLSを引き連れて登場!!「ヤングマガジン 2016年9/19号 No.40」の感想

ヤングマガジン 2016年 9/19 号 [雑誌]

9月5日に発売されたヤングマガジン 2016年9/19号 No.40の表紙はSUPER☆GiRLSの浅川梨奈。

まあスパガのなぁぽんといえば、グラビアデビューから約1年で人気グラビアアイドルのひとりとして急成長を遂げた感がありますが・・・いくらピンの仕事で自らの知名度が上がっても、それが所属ユニットの知名度アップにはなかなか繋がらない事が多かったりするんですが、今回は巻末グラビアにSUPER☆GiRLSのメンバーが全員登場って事で、これまでグラビア界で孤軍奮闘してきたのがようやく実を結んだんじゃないでしょうか。

というわけで、浅川梨奈とSUPER☆GiRLSのグラビアを早速チェックしていきたいと思います。

おすすめ度:★★★☆☆

表紙&巻頭グラビア 浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)

表紙は競泳用水着タイプのデザインなんですが、胸元からU字にくり抜きが入ったような変態水着系。

ただ、くり抜きが中途半端というか・・・私的にはおへそまでいってないと物足りない!!

・・・と、水着のデザインにケチつけても埒があかないので一旦置いといて、陰影のきいた中で佇む浅川梨奈のなんともいえない表情がいい。
初期と比べたら随分とオトナっぽくなったなぁって思いますね。

グラビアはピンクのビキニから。
横向きの胸のボリューム感が相変わらずすごいです!!

見開きは前かがみのポージング。
むにっとした胸の感じがいいなぁと思ったら、隣の小さいカットなんかはビキニで反ったカットなんかあって・・・こんもりした山のようなバストがすごい。よくこんなポーズしたなぁって感心しちゃいます。

そして、周りのカットは割と幼い感じの表情が多くて、なんかデビューしたての頃がよみがえってくる感じ。このあどけない感じもなぁぽんの魅力だと思います。

横向きの物憂げな表情とか、寝姿とか、大人っぽい感じのカットが続いて、最後は見返り系のポージングという構成。

初めてなぁぽんを見た時は、その濃いキャラも知っていたから、飛び道具的な感じで見ていたところもあるんですが、16歳から17歳になり、グラビアに慣れてくるにつれて表情もどんどん良くなっていって、グラビアアイドルとして覚醒した感じ。

今やグラビア界になくてはならない人になってきたなぁって気がします。
まさに貫禄のグラビアでした。

巻末グラビア SUPER☆GiRLS

最近メンバーの入れ替わりがあって、新生SUPER☆GiRLSっていうタイミングのようですが・・・そんなSUPER☆GiRLSが巻末グラビア。

どうも表紙と巻頭グラビアに浅川梨奈がきて、巻末グラビアに所属するSUPER☆GiRLSが来るって事は、なんとなく浅川梨奈のバーターっぽい感じがしなくもないですが、まあきっかけはどうであれ、こうしてヤンマガにメンバー総出でやってきて水着グラビアを披露できるわけだから、なぁぽんにとっては願ったりな展開だったんじゃないでしょうか。

というのも、そもそも浅川梨奈ってかなりのドルヲタで、しかも素人時代からの一推しがSUPER☆GiRLS。そんな大好きなユニットに自らが加入し、しかも自身のグラビア活動の結果、ユニットにもそれを還元できたわけだから、これまでひとりで頑張ってきた甲斐があったんじゃないかと思います。

 

てか、SUPER☆GiRLSって今は14人と・・・意外と大所帯なんですね。
初期にグラビアをやっていた頃は、志村理佳・八坂沙織・稼農楓の3人を中心に出ていた記憶があるので、メンバーもすっかり入れ替わったんだなぁって感じ。

志村理佳とか前島亜美とか・・・初期に出ていたメンバーってグラビアではあまりみかけなくなっていたので、久々の方もいつつ、見た事あるメンバーもぽつぽついるなぁって感じ。

田中美麗とかあまりよく知らないコだけど、なんとなくいい感じっぽい気がしたので、別の機会にグラビアでじっくり見れたらいいなって思いました。

ヤングマガジン 2016年 9/19 号 [雑誌]

ヤングマガジン 2016年 9/19 号 [雑誌]

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.