読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

みーおんの色んな表情と胸の谷間がいい!「漫画アクション No.23 2016年12/6号 向井地美音(AKB48)」の感想

AKB48 向井地美音 雑誌レビュー 漫画アクション

漫画アクション No.23 2016年12/6号 [雑誌]

2016年11月15日に発売された漫画アクション No.23 2016年12/6号の表紙はAKB48の新エース向井地美音さん!!

なんか表紙の表情を見てると、メイクのせいなのかなんなのか・・・見慣れているみーおんの表情と若干違って見えたんで、「あれれ?」って思ってしまったんですが、グラビア見てたらいつものみーおんで・・・というか、いつも以上のみーおんに大満足!!

今回のグラビアの某予告記事に「バンドゥビキニ」という表記があって、「何それ?」って思ってよくよく記事を見たら、よく私が「肩紐なしのビキニ」って書いてるやつの名称だったんだなと納得。

・・・と、余談はこのぐらいにして早速見ていきましょう!!

表紙&巻頭グラビア 向井地美音(AKB48)

表紙は・・・見ればわかるか(笑)

グラビアは短パンにお腹出しの部屋着的な衣装でソファーに座るみーおん・・・というカットから。
太もものむっちり加減と、ウエストの捻り?によって生み出されるラインと、それによって形を変えたおへそっていうのが絶妙に好きだったりします(笑)

続いて、黄色のバンドゥビキニ。
なにげに布面積が小さめなんで、みーおんの体のラインが結構露わになってます。
見てるとおへその位置がなにげに高いんだなぁって感じで、おへそから股下にかけてのラインがまたいい・・・

ただ、肩紐がないから胸に関しては逆にがっちりホールドしている感じで、胸自体の露出面積の広さとぎゅっと寄せた谷間はいいと思うんだけど・・・逆にさらし効果で胸のボリューム感は出てない感じも。

 

結局のところ、今の48グループで巨乳で売り出そうとしてるのって田中優香(HKT48)ぐらいなもんで、向井地美音にしても朝長美桜にしても逆に胸を大きく見せないようにしてんじゃないかって気もして・・・「実際どうなん?」っていつも思ってしまうんですよね。

一般的なサイズのコよりちょっと大きいぐらいなのか、普通に大きいのか・・・永遠の謎(笑)

・・・とはいえ、ひとつ思うのは「人並み以上に胸があるんだったら、ちょっとでもそれは強調すべき」という事。それもれっきとした個性だし、自分自身を売り出す為の武器として有効利用すべきと思うんですけどね・・・

 

かなり脱線してしまいましたが、続いて表紙でも着用している淡いピンクのビキニ姿。

髪はおろしになり、バストアップと寝姿、そして座りポーズという流れ。

バストアップの笑顔は、バラエティー番組とかで笑ってる感じがそのまま出ていていいなって思うし、寝姿は大人っぽい感じを出してる。
で、座りポーズに関してはキメ顔系ではあるけど、みーおんのかわいらしさをしっかり出していて、このページだけでも表情の変化を出してきてます。

そしてどのカットもおへそまでちゃんと枠内におさめられているのがごっつぁんですって感じ(笑)

最後は表情のアップと、現在放送中の「キャバすか学園」を思わせる肩出しの白いドレスにゆるく巻いた髪型の見返りポーズ。

みーおんの場合は元々が小柄だから、それだけで「かわいい系統」って思ってしまう方もいるのではないかと思うんですが、みーおんって顔の造形は「美人系統」だと思うんですよね。だから、こういう系統の派手な感じはものすごくハマるというか、みーおんってきれいだなぁと再認識させられる一枚です。

 

色々書いてきましたが、これはいいみーおんだと思います(笑)

「かわいい」と「きれい」のどっちも引き出しているし、体のラインも割としっかりと魅せてくれているので、「さすが漫画アクション」って感じの出来栄えだと思いました。

 

今号の表紙には「18歳の新エース!!」って書いてあったけど、マジでそうすべきだと思っていて、今の古株と次世代っていうのをずるずる続けてたら、みーおんだってあっという間に20歳を超えてしまう!!

そうなる前に、本店生え抜きのみーおんをエースに据えて、次世代と呼ばれるメンバーでいくべきだと思うんですけどね・・・

というかもっと先の事を考えたら、一刻も早くみーおんをエースとし、さらに「その次の世代」っていうのを視野に入れながら育成を進めていかないと、さっしーとまゆゆきりん、そしてさや姉と珠理奈が卒業したら・・・一体どうなるんでしょう?

なんだったら乃木坂46の七福神形式で、総選挙の神7とは別枠で「シングル曲のメディア選抜はこのコ達です」ってした方がいいんじゃないかって気もするんですけどね・・・

ま、みーおんがエースとしてグラビアで頑張ってくれさえすれば、こちらからは特に何も言う事はないんですけど。

巻中グラビア のん

かつてNHKの朝ドラ女優として名をあげた能年玲奈。

事務所とのトラブル等があって円満に移籍できないと、たとえ本名であってもそう名乗れなかったり、空白の期間が生じたり、まあ色々あるわけですが・・・

それにしたって「のん」って芸名にはびっくりしたというか、冗談だろうと思ったら本当にそうですからね!!

というわけで、のんの撮り下ろしグラビアです。

まあ元気そうでなによりというか、前と変わってなくてひと安心って感じですかね。 

漫画アクション No.23 2016年12/6号 [雑誌]

漫画アクション No.23 2016年12/6号 [雑誌]

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.