読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

写真集なのに両A面シングル仕様!「ダレノガレ明美ファースト写真集『ENJO』」の感想

写真集レビュー ダレノガレ明美

ダレノガレ明美ファースト写真集『ENJO』

1月25日に発売されたモデルでタレントのダレノガレ明美さんのファースト写真集「ENJO」の感想です。

各雑誌で先行グラビアを披露していたので、なんとなく目にした方も多いのではないかと思うんですが、ロサンゼルスとラスベガスで撮り下ろしした本作は、男性目線を意識した表表紙と、女性目線を意識した裏表紙という、最近雑誌なんかでもたまにみかけるパターンなんですが・・・本作はさらに表紙と裏表紙が天地逆というか、前半と後半で完全にぶった切ってあって、写真自体も天地逆になっているから真ん中が終点となっており、表紙から、裏表紙から読み進めていく事が出来る完全なる両A面シングル仕様となっています。

ちなみに私の場合は表紙から読み始めて真ん中で終点、裏表紙から読み始めて真ん中で終点って感じで読んだので、レビューもその流れで書いていきたいと思います。

エロポイント満載の男性目線(男性用)

表紙は黒のスリップにぐっと寄せた胸元、胸にはパピヨン、手は拘束されたかのように寄せた刺激的なデザイン。濃いめのメイクのダレノガレ明美さんの雰囲気は「艶女」といったところ。

まずはビキニにシャツ着てへそ出しのスタイルで海沿いのストリート・・・って感じのシチュエーションから、ビーチでのビキニ姿。
全体的にすごく引き締まっているんだけど、つくべきところにちょこっとお肉を残した絶妙なぷるぷる感がいいなって思います。そして、小麦色に日焼けしたボディーなんだけど、日焼けあとよりも着用している水着の布面積が小さいから、小麦色のボディーと焼けていない白い肌の境目が見えて・・・私的にはかなりポイント高い!!

あと、砂にまみれたお尻。太ももとの境目のぷるっとした感じがすごくいいと思います。

前半はかわいい感じも出しつつ屋内のカットあたりから急加速!
表情がぐっとセクシーな感じになり、肩紐なしの下着や青のビキニ姿なんかもかなりセクシーな感じに。ここもつるんとしたお尻が印象的なカットがあります。
イの字にバランスとったポージングとかものすごく引き締まっているし、手ブラ姿を横から・・・なんてカットもあって結構頑張ってくれてます!

さらにプールでの変態水着的な黒いセクシー水着があったり、黒の仮面に黒のスリップ・・・かなり妖艶な感じのカットが続き、ここでもお尻が印象的なカットがどん!!

トドメとばかりにシャワーシーン。
背中のラインを見せたり、バストアップがあったりと、かなり攻めた感じになっています!!

お洒落でかわいい女性目線(女性用)

ダレノガレ明美ファースト写真集『ENJO』

こちら裏表紙ですが、表紙のどぎつい感じからは一変してにっこり笑顔のダレノガレ明美さん。女性用っていうけど、こっちのダレ美さんの方が全然いいじゃんって個人的には思うんですけどね・・・

まずはTシャツにメガネで屋内というファッション誌っぽい雰囲気から始まり、麦わら帽子にレインボー柄のビキニ姿。ぴょんとジャンプした感じなんかもかわいらしい。
さらに彼シャツスタイルで自転車っていうのもいい表情してます。

ここにもお尻の好カットがありますよ!!

さらに髪をおだんごにまとめあげたきれいめスタイルのビキニから、ツインテールでノーブラに彼シャツって感じのスタイル。胸元の感じにドッキリ。

ワンピースのすごくきれいなダレ美さん。
こういうのすごくいい・・・と思ったら、屋内での手ブラにお風呂。そして横たわって横乳っていうものも。

最後はまっすぐな国道の真ん中をビキニで闊歩。
さらに砂丘のような場所でのビキニと、王道シチュエーションでのビキニ姿を披露して終了となります。

ダレノガレ明美ファースト写真集「ENJO」の感想

全編通しての感想ですが、まずタイトルの「ENJO」っていうのは「ENJOY」って感じで、たまにSNSが炎上するのにかけた感じ。

で、前半が「ENJO」というのは「艶女」とも読めるのかなぁって感じ。そして、後半は文字通り「ENJOY」って感じなんだと思う。

で、全体的な感想なんですが・・・
ダレノガレ明美さん・・・やっぱ改めて見るとすごくきれいだし、写真になった時に一番きれいでオイシそうなボディーライン作りをしただけあって、グッドシェイプしつつもお尻のもっちり感を残していたりと絶妙な仕上がり具合!!

そして、前半でも書いたけど、水着の境目なんかは狙ってやったのかどうかわからないけど、普段着ている水着よりも撮影時に着用した水着の方が布面積が小さいって事を示しているわけだし、肌の色の境目の感じがなんかリアルでいいんですよね・・・

ただ、本作を両A面仕様にする必要があったか・・・っていうのは若干疑問で、特に男性用に関しては若干飛ばしすぎというか、がっつりメイクしすぎちゃって完全に外国人の知らないタレントさんがセクシーなポーズをしている感じ。

どちらかというと、テレビや雑誌で見るダレノガレ明美さんがセクシーな表情をしてみましたとか、こんな挑発的な衣装を着てみました・・・ってのがいいんであって、ここまでガチ仕様でメイクされると、普段のダレノガレ明美さんの面影がなさすぎて「誰?」ってなっちゃう。

ポイントポイントでさしこむ程度ならまだいいんだけど、特に男性用の後半は誰ノガレ化したままきちゃったのがちょっと残念・・・

 

で、その印象のまま女性用を見ると、いつものダレノガレ明美さんが微笑んでいてちょっとほっとする・・・みたいな。

しかも、女性用の方がいつものダレ美さん(「ぷっすま」でそう呼ばれていたんでそのまま使ってますが・・・)が水着着てる感じで、下手したら男性用よりもこっちの方がいいんじゃないかって感じも。
(男性用も序盤のビキニスタイルとかはすっごくかわいいんですけどね・・・)

で、こっちはキレキレのきれいさって感じになっていくんだけど、ダレ美さんがモデル仕様で本気出したって感じなんで、男性用のような誰?って感じがないのがポイント。

特に最後のビキニ姿なんかは、こういうのが見たかったんだよ・・・っていう絶妙な終わり方になっています。

 

そうなってくると、女性用の構成をベースにしつつ男性用の濃いめのカットを中盤か後半のアクセントとして起用したら、それはそれですごくいい写真集になった気がするんですが・・・

結果的にダレノガレ明美さんの良さは伝わるんだけど、構成というか、バランスが悪い写真集だなって思っちゃいました。

個人的な見解ですが、こういうタレントさんの写真集とかの良さってやっぱり「テレビに出てる人が写真集で水着姿を披露してる」ってのが最大の旨味だと思うので、ベースには普段のダレノガレ明美さんが水着を着てる・・・ってのを置くべきなんですよね。
その中で、がっつりメイクしたらこういうきれいさも出せるってのを見せたかったのかもしれないけど、そういうのはあくまでもアクセント的な使い方をすべきで、それを外すとおかしなことになってくる。
今回は特に男性用パートでそれが出ちゃったのかなぁって気がしますね。
(女性用があって本当に良かったって思うぐらいで・・・)

だから、先行グラビアとかの中で、写真集向けに体づくりしているっていうダレノガレ明美さんの発言を見てさすがプロって思ったし、実際に仕上がった体を見ても説得力抜群ですごいなぁって思ったんだけど・・・いざ写真集になってみて若干の「やっちまった感」が出ちゃうあたりが、ある意味ダレノガレ明美さんらしいなって気もしました(笑) 

ダレノガレ明美ファースト写真集『ENJO』

ダレノガレ明美ファースト写真集『ENJO』

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.