読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

あえて月城まゆに注目してみた!「ヤングジャンプ 2016年8/11号 No.35 西野七瀬(乃木坂46)」の感想

ヤングジャンプ 西野七瀬 乃木坂46 雑誌レビュー

ヤングジャンプ 2016年 8/11 号 [雑誌]

7月28日発売のヤングジャンプ 2016年8/11号 No.35の表紙は乃木坂46の西野七瀬。

今回のロケ地は尾道なんですが・・・こないだのロケ地が屋久島だったから、なんか自然のある観光名所で頻繁に撮影してるなぁっていう印象だったんだけど、なにげに8か月前の話だったんですね(笑)

過去記事読み返して「もうそんなに時間経ってるんだ」・・・と驚いたりなんかして。 

月日が経つのは早いなぁと思いつつ、この酷暑だけは早く終わってほしいと思う今日この頃だったりしますが・・・早速グラビアのほうを見ていきたいと思います。

 

表紙&巻頭グラビア 西野七瀬(乃木坂46)

今回は「島時間」と題して、瀬戸内海の尾道で暮らす女の子を西野七瀬が演じます。

老舗の旅館の手伝いをしてる・・・っていう設定で、布団に横になってたり、布団を運んだりっていうのがあって、自転車でお花の買物。

コンクリートの防波堤に座る感じとかいいですね。
(地元の子が実生活でそこに座るかどうかはわかりませんけど。。)

そして、連絡船に乗る感じや、お風呂の掃除・・・まあそんな感じの日常を演じたものです。

 

白い歯を見せながら笑うなぁちゃんの笑顔とかかなりかわいいし、大浴場のタイルの上に座っての笑顔とかもすごくかわいい。

随所になぁちゃんのかわいらしさが伝わるカットが入っていて、グラビアとしてはまあ悪くないと思ったんですが、屋内のカットが半分とか占めちゃうとあんまり尾道でロケする意味ないんじゃないの?っていう疑問も少々。

せっかく尾道で撮影するわけだから、尾道の日常ももちろんいいんだけど、それプラス尾道ならではのロケーションを活かしたカットなんかも欲しかった気がします。

なぁちゃんがかわいいのは当然として、こういう地方でロケをするのであれば、ロケ地(尾道)の必然性っていうのがあった方が、遠方でのロケならではの良さみたいなものがもっと伝わったのではないかという気がします。

巻末グラビア 渡辺梨加(欅坂46)

べりかん家(ち)というタイトルがついた欅坂46の渡辺梨加のグラビア。

べりかの家に遊びに行ったという設定で、かき氷を食べたり、たこ焼きを作ったり、お部屋でまったり・・・的なシチュエーション。

元々、欅坂46の中でも上位のビジュアルメンだと思うので、グラビアの出来としては悪くない感じですが、せっかくならもう少し表情を崩してにっこり笑うとか、そういうカットが欲しかったかも。

勿論何かを食べていたりとか、目線をそらしてかわいい感じの表情とかもあったり、頭にぬいぐるみのっけたりってのも十分かわいいんだけど・・・ここは設定上べりかん家なわけだから、おうちならではのリラックスした感じとかは欲しかった気がします。

プレゼントページ 月城まゆ

タイトルを見て???って思われた方も多いかもしれませんが、今回あえて注目したのがプレゼントページの月城まゆ。

大体ヤンジャンの真ん中ぐらいのカラーページにプレゼントページというのがあって、そこにも週替わりで女の子が登場してるんですが、たまーに私のアンテナに引っかかるコがいたりして・・・で、今回そこに引っかかったのが月城まゆというワケ。

まあ上記の通り、本人のTwitterアカウントでそのページを撮影したものをアップしているので、まさにそのものズバリだったりするんですが・・・

ルックスもかわいらしいし(このアングルだと大島麻衣っぽい)胸をちょっぴり強調したポージングやスタイルもよさげだし、どっかのグラビアでじっくり見てみたいかも・・・っていう印象。

ちょいと調べてみたらミスFLASH2017のセミファイナリストとして現在奮闘中のようなので、今後、ミスFLASH2017グランプリとして再会・・・とか、他の雑誌の表紙を飾って再会・・・とか、いつかまたうちのブログにも再登場ってなったらいいなぁって思いました。

(基本スタンスとして、表紙のコを記事のカテゴリーにするようにしているので・・・) 

ヤングジャンプ 2016年 8/11 号 [雑誌]

ヤングジャンプ 2016年 8/11 号 [雑誌]

 

おすすめ度:★★★☆☆
(水着が月城まゆだけなんで、水着グラビア好きとしては物足りなさが否めないというか・・・ね。)

Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.