読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

これはちょっとイカンぞ!!「週刊プレイボーイ 増刊 グラビアスペシャル 2016年9/10号 久松郁実」の感想

グラビアスペシャル 2016年 9/10 号 [雑誌]: 週刊プレイボーイ 増刊

8月12日に発売された週刊プレイボーイ 増刊 グラビアスペシャル 2016年9/10号の表紙は久松郁実。

ビキニ姿で相変わらず健康的なスタイル!!
表紙みただけでこれは良さげだぞって思ってしまったし、なんせGWに続いてグラビアアイドルによる増刊号が出るわけで、この流れはすごくいいなって思ったんですが・・・

いや、これはイカンぞ!!
何がイカンかはこの後じっくり書いていきたいと思います。

おすすめ度:★☆☆☆☆

表紙&巻頭グラビア 久松郁実

GW増刊が石川恋だったので、真夏の増刊は久松郁実って事で、グラビア界の両巨頭が表紙で登場しているプレイボーイの増刊号。

前回の感想はこんな感じだったんですが・・・ 

 

そもそも久松郁実のグラビアってもっとイイはずなのに、読み進めていくにつれてだんだんとトーンが下がっていく感じ。せっかくいくみんを起用しているんだから、表紙の感じで一気に押し切ってしまえばいいのに、最後がなんかせつなげというか・・・インパクト不足。

表紙の水着で立ちポーズやらで入って、ここまではまあいい感じだなぁと思ったんですが、見開きの赤のビキニのカットなんかは悪くないんだけど光量不足というか、いつもなら太陽の下で眩しい肢体って感じなはずなのに、夕方に撮った感じだから・・・決して悪くはないんだけど、いくみんのイメージには合わないなぁって感じも。

そして、緑の中の白ビキニ姿。
葉っぱを傘に見立ててメルヘンチックなものを撮りたかったのかはわからないけど、それって必要???

少なくとも私が見たいいくみんはそういうんじゃないんだ・・・

というわけで、私のニーズとは違う味付けのいくみんを出されて、料理人にクレーム入れようかなぁっていう心境です。
「ヤンマガ」っていう味に慣れちゃってるからかな(笑)

内田理央

昔から大好きなだーりおこと内田理央のグラビア。

スレンダー体系と、目とかのパーツがでかくて特徴的なんで、それを活かしてどれだけだーりおの魅力を引き出すかがカメラマンの腕の見せ所だと思うんですが・・・

なんとなく当たり外れがあるというか、ベッドに横たわったカットとかすごくいいと思ったんですが、どうも屋外でのカットが私好みのだーりおではないというか、なんかちょっと違う感じがして・・・なんとなく物足りないなって思ってしまいました。

吉﨑綾

ヤングジャンプでいきなり表紙起用された吉﨑綾のグラビア。 

ワンピースで胸元を少しちらつかせながら見上げた感じから始まり、大体は青のビキニ姿・・・というグラビア。

それはそうと、表情が基本目を大きく開けてじっと見つめる系で、表情のパターンが全然ない。これはちょっとヤバいんじゃないの?って思っちゃいました。

私の記憶が確かなら・・・
表情のパターンがそんなになくても、かわいさだけで息長く活躍したグラビアアイドルって山本梓ぐらいしかいないんですよね。

「奇跡は間に合わないだろう」ってなったらアカンのではなかろうかと・・・

石川恋

石川恋のグラビアは、プレイボーイのグアムロケのオフショット集。 

ただ、石川恋の場合はオフショットでも隙がないというか、グラビアの別カット的なものを挟みつつ、グラビアでは決して見せないような笑顔、それも顔をくしゃっとさせたものやら、ヘアメイクしてないぺったんこな髪だったり・・・そんなんでも十分かわいいし、オフモードの石川恋もかわいいじゃんっていう新たな発見もあって、ちょっとズルいというか、そろそろ本当に無双の域に入ってきた感じがします。

グラビアだとキレキレな表情とボディーラインの見せ方でめちゃくちゃイイオンナって感じで、オフだと顔をくしゃっとさせてにっこり笑うかわいいコ・・・理想的というか最高じゃん(笑)

ま、オフショットがメインだから、やり方としては邪道なんだけど・・・今回に関してはアリだなって思いました。

というか、今回のオフショットは「石川恋が好きになる」やつだと思います!!

RaMu

初見の印象でアシンメトリーの髪型がちょっと嫌だなぁって思っていたRaMu。

まあ今回はアシンメトリー具合はそこまで気にならないというか、ショートカットの女の子って感じで、その点はとりあえずクリアできたかなって感じ(笑)

とりあえず巨乳で良さげな感じ・・・はするんですが、どうもまだ髪型とかで輪郭を誤魔化してるというか、その辺に難ありなのかな?とか思ったりなんかして。

少なくとももう少し見てみないと判断できないかなぁと思ってしまいました。

深田恭子

女優 深田恭子のグラビアは写真集からの厳選カットなんですが・・・

ほうぼうで先行グラビアも見てるし、写真集まで買ってしまった後だと、さすがにそれ以上のインパクトはないよなぁって感じ。

四つん這いのカットやら、濡れたシャツやら、砂の付いたビキニ姿やら・・・

どれも決して悪くないんですけどね。
なんとなく既視感があるなぁってだけで・・・ 

ぬるぬるグラドル引越センター

尻職人こと倉持由香がガチで引越するって事で、倉持由香、鈴木咲、青山ひかる、寺田安裕香が引越センターの人・・・というシチュエーションもの。

着崩した引越センターの制服から始まり、作業服はビキニ。
梱包材ビキニに、最後はビキニパーティーという構成。

企画としては悪くないと思いましたが、メンバー構成がややマイナーで華やかさが足りないかもって思っちゃいました。

(職人がいるとどうしてもアングラ臭がするんだよなぁ・・・)

馬場ふみか

上下段の表情アップから、あとは水着という馬場ふみかのグラビア。

相変わらず恐ろしいプロポーションで、すごくきれいだと思うんですが・・・こちらも光量不足というか、部屋に差し込むやわらかい光とか、木漏れ日やらそういうソフトな光で魅力的な写真にはなってるんだけど・・・せめて1枚ぐらいはばっちり光をあててボディーラインくっきりっていうカットが欲しかった気がします。

塩地美澄

元女子アナ 塩地美澄のグラビアなんですが・・・

さすがに馬場ふみかの直後だと同じ巨乳でも分が悪いというか、ちょっと熟女な感じが出ちゃってるなぁって感じ。

「元女子アナ」っていう肩書きがあっても、女子アナ時代を知らない私なんかには特にそれがプラスに作用するわけではないので、見たまんまの印象だけで言うと、「胸は確かに凄いけど・・・」ってなっちゃいます。

 

といった感じですが、全体的にグラビアの満足度がそこまで高くないものが多く、石川恋のオフショットが一番良かった・・・ではダメじゃない?

それと、グラビアアイドルを使った企画ものだったりとか・・・
座談会やら食事会やら、そんなんやるぐらいなら水着になりなさいよって感じ(笑)

一番ダメだなぁって思ったのが、それ以外の読み物系がほぼエロ関連ってのがどうも・・・
そんなんが見たくてこれ買うわけではないので、逆にエロ関連じゃないほうがいいんだけどなぁって思っちゃいました。 

グラビアスペシャル 2016年 9/10 号 [雑誌]: 週刊プレイボーイ 増刊

グラビアスペシャル 2016年 9/10 号 [雑誌]: 週刊プレイボーイ 増刊

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.