読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

「忘れたくない夏」から始まった℃-uteラストハロコン!「Hello!Project 2016 SUMMER ~Sunshine Parade~ 広島・千秋楽」の感想

コンサート Hello!-Project ℃-ute モーニング娘。 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー

f:id:risacchi:20160903232115j:plain

2016年9月3日 広島文化学園HBGホールで行われた「Hello!Project 2016 SUMMER ~Sunshine Parade~」の千秋楽に行ってきました。

いつもの私なら地元福岡で一度は見てる公演だし、同じ公演を観る為に広島まで遠征する事自体があり得ない話なんですが・・・℃-uteの突然の解散発表に加え、ハロコンに参加するのは今年の夏が最後ってわかった瞬間に、自分の中の何かが弾けたというか・・・広島だったらそこまで遠くないし、だったら℃-uteに会いに行こう、℃-ute最後のハロコンを見届けに行こうという衝動のままに広島行きを決めました。

今回はそんな経緯で急遽参戦したライブリポートとなります。

Hello!Project 2016 SUMMER ~Sunshine Parade~千秋楽 セットリスト

演目が「Sunshine Parade」なんで、福岡とセットリスト自体はそこまで大差ないんですが、今回は開演アナウンスの直後にまずサプライズ!!

アナウンスの後に流れたのが℃-uteの「忘れたくない夏」!!
これまでならアナウンスの後にはこの公演の出囃子みたいな音楽が流れるんだけど、その前にワンクッションでのサプライズ。

観ている側も今回が℃-uteにとって最後のハロコンだってわかっているから、「忘れたくない夏」のサビが流れた瞬間に会場のボルテージが一気に上がり・・・そして涙腺も少し緩んだ事をここに告白します(笑)

Hello!Project 2016 SUMMER ~Sunshine Parade~9月3日広島(千秋楽)

OP 忘れたくない夏(BGMのみ)
01 GOOD BYE 夏男/オールキャスト(降臨あり)

MC1 まこと/全員

紹介映像
02 Hello!まっさらの自分/ハロプロ研修生
03 私がオバさんになっても/つばきファクトリー
04 オラはにんきもの/こぶしファクトリー
05 どーだっていいの/カントリー・ガールズ
06 Dream Road~心が躍り出してる~/Juice=Juice
07 糸島Distance/アンジュルム
08 The Vision/モーニング娘。'16
09 Summer Wind/℃-ute

MC2 「ハロコロジー」まこと&工藤遥・高木紗友希・室田瑞希

ハロプロタイムマシーン
10 I WISH/森戸知沙希・浜浦綾乃・小川麗奈・岸本ゆめの
11 告白記念日/野村みな美・田口夏実・浅倉樹々

MC3 まこと

シャッフル
12 五月雨美女がさ乱れる/こぶしファクトリー・つばきファクトリー 
13 Crazy 完全な大人/カントリー・ガールズ
14 臥薪嘗胆/Juice=Juice
15 チョット愚直に! 猪突猛進/アンジュルム
16 愛おしくってごめんね/モーニング娘。'16
17 サマーナイトタウン/℃-ute

MC4 まこと&段原瑠々・加賀楓

18 ハロステダンス部
19 如雨露/Juice=Juice
20 大器晩成/アンジュルム
21 Tokyoという片隅/モーニング娘。'16
22 何故 人は争うんだろう?/℃-ute
23 独り占め/つばきファクトリー

MC5 つばきファクトリー

24 サンバ!こぶしジャネイロ/こぶしファクトリー
25 リズムが呼んでいるぞ!/カントリー・ガールズ
26 KEEP ON 上昇志向!!/Juice=Juice
27 次々続々/アンジュルム
28 シャボン玉/モーニング娘。'16
29 嵐を起こすんだ Exciting Fight!/℃-ute

MC6 まこと/全員

30 泡沫サタデーナイト!/オールキャスト(降臨あり)DJ:譜久村聖
31 がんばっちゃえ!

アンコール ℃-ute/全員

※赤字が福岡公演と違う箇所。福岡公演の時の感想はコチラ!! 

「℃-ute解散」の報を受けて参加したハロコン 

今回のハロコンは℃-uteが解散するってわかった上で、しかも今回が最後のハロコンだという事を受けてのものだったので、正直色んな事を考えながら見ました。

というか、最初に「忘れたくない夏」なんて流すもんだから、「後悔なんてしたくない」とか・・・色んな事考えちゃうじゃないですか!!

で、シャッフルの時なんかはカントリー・ガールズが℃-uteの「Crazy 完全な大人」を歌ってたわけだけど、℃-uteが解散した後は誰かがカバーしない限り楽曲達は日の目を見る事がないわけだし、今後はこうしてカバーされる事でしか聴けなくなるわけだから・・・来年の6月以降はこれが当たり前になっていくんだろうなぁって思ったらやっぱり寂しい気持ちになりました。

ハロープロジェクト・キッズによる「がんばっちゃえ!」

そんな中で迎えた最後の曲「泡沫サタデーナイト!」でしたが、ここで℃-uteが最後にハロコンに参加した時の思い出曲・・・という事で、千秋楽の追加曲として披露したのが「がんばっちゃえ!」。

モニターには当時の映像まで流れてきて、それを見ただけでもう涙。

(泡沫前に、まことがメンバーを呼び込んだあたりで、もうすでに岡井ちゃん(岡井千聖)の目が真っ赤だったから、その表情をみただけでうるっときましたけど・・・)

今回、℃-uteにとっては最後のハロコンだから・・・という事で、千秋楽に「がんばっちゃえ!」を披露する事になったんですが、各ユニット毎に各自振りおこしをしたようで、その辺からもハロープロジェクトのあたたかさみたいなものが伝わってくるわけですが・・・

フォーメーション的なものでいうと、センターに℃-uteがいて、そこに他のユニットが交代で℃-uteと一緒に歌うって感じ。

そこでカントリー・ガールズが出てきて、そこからももち(嗣永桃子)が℃-uteの輪に入って6人になった時は本当に感動的で・・・

というのも、Berryz工房が最後のハロコンの時に、ベリキュー・・・もとい、ハロープロジェクト・キッズとして、同じく「がんばっちゃえ!」を披露しているんですが、その時ももちは病欠で参加できなかったから、ももちが℃-uteの中に入ることによって、あの時欠けていたピースがようやく埋まった感じ。

(PMとはいえ、あの時に唯一いなかったももちが、Berryz工房では唯一の現役メンバーとしてこの場に居合わせたってだけでも宿命的なものを感じます。)

ハロープロジェクト・キッズとしてやり残した宿題を2年越しにクリアした事で・・・℃-uteとしてもそうだけど、キッズとしても、これでようやく最終章に向かうんだなぁっていう感じがしました。

(岡井ちゃんも目が真っ赤だったけど、一番ぼろ泣きだったのが愛理(鈴木愛理)で、最後の最後に名残惜しそうに「ばいばーい」と泣きながらはけていったのがすごく印象に残りました。)

最後まで℃-uteらしく・・・

本公演終了後に起こった「℃-ute」コール。

再び明転して出てきた℃-uteの5人。これまで14年間かけて386公演を行ったハロコンのステージとも今日でお別れという事で、5人で挨拶してしめるのかと思いきや・・・みんなを呼んでぎゅっと1つになりたいと言い出したのが、我らがハロプロのリーダー矢島舞美。

岡井ちゃん(岡井千聖)が「スタッフさんに事前に止められてるでしょ」とたしなめるも、一旦スイッチの入った舞美ちゃんは誰も止められないって事で、結局全メンバーを呼び込む事に。

研修生から順番に呼び込んで、1組ずつ声をかけたかったんだろうけど、時間の都合上そんなにじっくりやるわけにもいかず、つばき・こぶしあたりからどんどん上げてく感じになり・・・

最後は全員で手を繋いで・・・という舞美ちゃん。
「この人絶対ノープランだ」と思っているであろう岡井ちゃんの心配をよそに猪突猛進し、挙句の果てに万歳。

「それだけ?」と腰砕けになる周りをよそに満足げな舞美ちゃん・・・といったぐだぐだ感も、ある意味℃-uteらしいちゃ℃-uteらしい一幕。

色々ありましたが、解散するその日まで進化を続けると力強く宣言してくれたその言葉を信じて最後まで℃-uteを応援しようと思いました。

℃-uteと後輩グループとの絆

時間の都合で一番声をかけてたのがハロプロ研修生だったんですが、研修生たちもすごく泣いていて・・・というか、直近のコンサートツアー「℃ONCERTO」に帯同していた研修生はそりゃ泣くよなぁとも思ったんですが・・・よくよく考えてみたら研修生時代に℃-uteのコンサートツアーに帯同していたメンバーが、なんだかんだで今のハロプロの主力メンバーになりつつあるなぁって思っていて、これからは℃-uteの背中を見て育ってきた後輩達が今度はお手本となる番だし、先輩達が届かなかった場所に立つっていうのもある意味恩返しかもしれない。

そう考えたら、まことが語っていた、時代は変わっていくけど、それでも変わらないもの、受け継がれていくものって、確かにあるのかもしれないなぁと思いました。

他の出演メンバーについても少々・・・

そういえば福岡の時はこぶしファクトリーの和田桜子が病欠だったので、フルメンバーを観れてよかったです。

あとは・・・
岸本ゆめのちゃんはショートになっててビックリ!
新メンバーが加入したことで、つばきファクトリーもショートカットメンの増員が必要になったのかなぁ・・・なんて思ったりして。

髪型でいうと、今日の小田ちゃん(小田さくら)はデコ出しでした。
いくら最近前髪OKになったからといって、今回のコンサートはほとんどがデコ出しで回っているからそこは変えちゃダメってなったのかな???

舞美ちゃんが他のグループをを呼び込んだ際に、転倒したかどっかぶつけたかわからないけど、ここで注目を集めてしまったむろたん。
茶髪にしてかわいさがアップしてるだけに・・・持ってますね(笑)

まとめ

今回は℃-uteが解散するという・・・私にとっては非常事態宣言に近しい状況になった為、9月3日に広島、そして9月5日には日本武道館にも参戦しようかという超強行スケジュールを組んだわけですが・・・

℃-uteにとって最後のハロコンをしっかりと見届けることが出来て本当に良かったと思うし、演出もすごく良かった。

結果的に行って良かったって心から思いました。

きっかけはベリヲタの方の言葉でした

そもそも今回私が重い腰を上げた理由なんですが・・・

℃-uteの解散発表を受け、TwitterのTLを色々見ている中でベリヲタの方のこんな言葉を見たからでした。

「行かずに後悔するぐらいなら、行って後悔した方がいい」

無期限の活動休止と解散の差こそあれ、先に活動休止になり実際にベリロスを経験されている方の言葉だけにものすごく重いなぁと思ったからです。

解散してしまったら、その後にどんなに会いたいと思っても、もう会えないわけだから・・・会えるうちに会っておいた方がいいっていうのは確かにそうだなって思うんで、今後も℃-uteが解散するまでの間は行けるものには全て行きたいと思うし、℃-uteとの残された時間を大切に過ごしていきたいなと思います。

℃-uteにとっての最後のハロコン。
とっても楽しかったし、とっても感動的でした。

Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.