読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りさっちのグラビアインプレッション

グラビアや写真集の感想とハロプロや48グループについて語るブログ。

鈴木愛理の着回し30daysに℃-ute全員登場!「Ray 2016年8月号」の感想

Ray 鈴木愛理 ℃-ute 雑誌レビュー

Ray(レイ) 2016年 08月号

6月23日に発売されたファッション誌「Ray」の表紙は桐谷美鈴×山﨑賢人。

・・・なんて普通に書いてみましたが、うちのブログでファッション誌の事を題材にするのは「Seventeen」以来2冊目(笑)
アイドル関連であれば比較的何でもアリなブログではありますが、「Ray」を題材にする日がこようとは私も思っていただけに、未知との遭遇的な感じです。

そもそも何故「Ray」なのか・・・

元々℃-uteの鈴木愛理さんが同誌の専属モデルとして活躍中ですが、今回は着回し企画に℃-uteメンバーが全員登場するという事もあったし、決め手となったのがやはりこの動画かなぁ・・・


【MOVIE公開】℃-uteメンバーが全員集合!! 『愛理の着回し企画』撮影現場に潜入♥

 

普段、℃-uteメンバーからのコメントと言えばアーティストとしての顔だったり、舞台裏だったりだから、ファッション誌という土俵に上がった℃-uteメンバーっていうのがまず新鮮。

メイクも衣装もいつもとは違う感じだし、でも話し始めたらいつもの感じだし・・・ってのが面白くて、じゃあ本誌もチェックしてみようかってなった次第。

(動画の冒頭とかを見ると岡井ちゃんのテンションもおかしいけどね・・・)

 

 

鈴木愛理の「毎日GIRL'S PARTY」着回し30days

厳密に言うと、「℃-uteメンバーも全員出演!」とか、「リアル大学生」とかも吹き出しとかで加わっていますが・・・今回℃-uteのメンバーが登場したのは「鈴木愛理の着回し30days」という企画。

12着のサマーワードローブを組み合わせて30日分のコーディネートを行う・・・という企画ですが、あくまでもメインは鈴木愛理さんのコーデであり、30日の中のイベントの1つとして、この日は「リーダー(矢島舞美)と代官山へショッピング」とか、「なっきぃ(中島早貴)とかき氷屋さんへ行きました」的な感じであくまでもゲスト。

ちさまい(岡井千聖&萩原舞)に関しては、5人のグループショットの時のみの登場だったのが少々残念。
次回こそは「ちっさーと・・・」とか、「まいまいと・・・」みたいなのも是非入れてほしいなって思ってしまいました。

 

さて、もう少し掘り下げていきますが・・・

℃-uteのグループショットを見た感じ、今回はまいまいのコンディションがめちゃめちゃいい感じで、メイクもヘアスタイルもすごくいい!!
どちらかというと夏焼雅さん的なギャルっぽい感じのイメージだったのが、しっかり今風な感じで、こういうまいまいもアリだなぁって思いました。

そして、こういう時にキラリと存在感を発揮するのがなっきぃ!!
愛理と「あーん」ってやってる時の表情とかもかわいらしいし・・・だったらモデルなりグラビアなりでビジュアルを活かした仕事すればいいのに、なんだかすごく勿体ないなぁって気がしてしまいました。

(ま、公式の生写真と所謂アンオフィの写真でこうも表情が違うか・・・ってのがなっきぃだったりもするんで、改めて写真撮影ってなると変なスイッチを入れてしまう内気な性格が、本当に勿体ないなぁと思います。)

愛理に関してはこれ以外のページにもいっぱい出てるし、外仕事でものびのびやってる感じで写真からもすごく伝わるので、すごくいいなって思います。

こういう企画を通して「鈴木愛理もいる℃-ute」っていうのがもっと知れ渡るといいんですけどね・・・

 

Ray 2016年8月号全体の感想

別にファッション誌を縦断して読み漁っているわけではないので、感想ってほどでもないんですが、前回「Seventeen」を読んだ時の印象と比較して思った事を書いてみたいと思います。

「Ray」は専属モデルに℃-uteの鈴木愛理さんや、乃木坂46の白石麻衣さんがいるので、私みたいなアイドル好きにとっても身近なメンバーがいるし、さらに朝比奈彩さんや松元絵里花さんみたいに雑誌のグラビアもこなすモグラもいるなど、専属モデルの顔ぶれが意外と身近で私にとってはすごく入りやすいなぁという印象。

そして「Seventeen」と違うなぁって思ったのは余白の使い方。
「Seventeen」の場合だと余白までびっしり情報を入れ込んでいて、イメージ的にはドン・キホーテの店内レイアウトのような感じ。あのガチャガチャ感がイマイチ好きになれない私にとっては「Ray」のレイアウトの方が適度に余白があってスッキリしていて読みやすいって思いました。

(ま、この辺はターゲットとなる年齢層の違いとか、男性女性の価値観の違いなんかもあるのかもしれませんが・・・)

 

また、夏場という事で水着の紹介なんかもあるんですが、私的にはやっぱり「Ray」の魅せ方の方が好きというか・・・グラビアに近いのかなぁって感じ。

「Seventeen」だと顔をくしゃっとさせた笑顔が多く、一般女性に寄せた感じの撮り方をしていて、いかにもモデルさんだなぁって思わせるのは三吉彩花さんぐらい。
それに対して、「Ray」だと朝比奈彩さんとかは9頭身とか10頭身とかの超絶スタイルで思いっきりモデルさんのスペシャル感があるし、ちゃんとポージングを決めて撮影した水着カットなんかもあるので、写真のサイズが小さかろうがきっちり「水着姿」を見たって認識できるので、少なくとも「Seventeen」よりかは「Ray」の方がいいよなぁって思ってしまいました。

ま、どちらも男が真剣に見て、比較するものでもないんですけどねぇ(笑)

 

あとは白石麻衣さん!!

乃木坂46のメンバーの中のまいやんとは違う華やかさがあって、「アイドルがモデルをやってる」って感じが皆無なんですよね。要所要所をビシッと締めてる感じで、「Ray」でのまいやんの役割ってかなり重要な気がします。

あとは巻頭の桐谷美鈴さんも浴衣姿とか、丸メガネで歯磨きしてるところとかかわいかったなぁ・・・

 

さすがに毎号買おうとは思わないけど、もしdマガジンかなんかに加入してたらチェックするのもアリかもなぁって思いました。

(ちなみにdマガジンはスマホの機種変更の時に割引うんたらの条件として加入させられましたが、写真週刊誌とかのグラビアで載ってない奴とかがあったもんだから、これは使えんと思ってソッコー解約したんですよね・・・) 

Ray(レイ) 2016年 08月号

Ray(レイ) 2016年 08月号

 
Copyright © 2005 りさっちのグラビアインプレッション All rights reserved.